Skip to content

月別: 2009年2月

人気企業

時代によって学生の人気企業は変わります。今朝の日経では就職人気ランキングが掲載されていました。 今年のテーマは”仕事のやりがい”のようです。ただ、大企業が人気なのは毎年のことで、基本的には安定志向なのかなと思います。仕事のやりがい自体に組織の大・小はそれほど関係ありません。組織としてモチベートする仕組みがあれば、中小、ベンチャーにもやりがいはあるものです。 ざっとデータを見ると、不況の影響でインフラ系(鉄道など)や公務員の人気が高まっています。その一方で昨年まで人気の強かったトヨタは大きく順位を落としているようです。採用を絞ることもあり、自動車・電機はしばらくは不人気で... Read More

Leave a Comment

財務の勉強

マネジメント層において必須ともいえる勉強内容として、多くの本が財務をあげています。具体的には貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュフロー計算書(C/S)の3つを読むことができる、ということです。 財務については苦手意識を持つ人が多いです。私もその一人で、簿記等にはあまり手をつけていませんでした。簿記自体は財務理解の基礎基本として非常に大事ですが、実は簿記自体はできずとも、財務の理解はできるようです。 食わず嫌いではいけないと思い、さっそく『財務3表一体理解法』を購入。まだまだ読み途中ですが、企業の決算報告から示唆を読みとれるぐらいの力を身に着けたいと思っています。 決算書... Read More

Leave a Comment

メディアリテラシー

『オトナのメディアリテラシー』という本を読みました。私自身はなるべく批判的な目を持って広告を見るように努力してきたつもりですが、やはりメディアに価値観を操作されているなと改めて感じます。 例えば広告を見ていて下記のようなことに違和感を感じるでしょうか ①洗剤のCM 洗い物をするのはいつも女性(専業主婦) ②エステの広告 モデルになる人の体形は常に細身ばかり ③レトルト食品のCM なぜか食べ物自身より幸せな家族像にフォーカスされている ・・・ これらは ①家事は主婦がするもの ②細身こそが理想の体形 ③その食品を食べると家族は幸せになれる という価値観を消費者に刷り込んでいるのです。 ①は性差別... Read More

Leave a Comment

スキルだけではいけない

以前ご紹介した『伝説の外資系トップが説く リーダーの教科書』より。非常に学ぶことが多い良書です。キャリアへの考え方もそうですが、なによりもリーダーシップについて重要な示唆が含まれています。 この本では最後に 成功=情熱×仕事力(スキル)×人間力(マインド)×運 と書いています。最近はビジネス書の流行内容からしてもスキルを非常に重視した風潮にありますが、やはり情熱と人間力は欠かせないということです。 人間力を鍛えるには以前お伝えしたとおり。自分自身の軸を持つ、哲学を持つ・・・ただただ漠然と仕事をするだけでは身につかない、価値観を磨く習慣が必要です。 では、情熱はどうするか。情熱を持つには、何か目... Read More

Leave a Comment

ジェネリック医薬品を嫌う

医療費削減のために政府も後押ししているジェネリック医薬品(後発品)ですが、ジェネリックを処方することを嫌うドクターも多いようです。※先発品=膨大な研究開発コストを吸収しているため高額 後発品=製造方法が確立しているため低コストで開発可能 使い慣れないとは言え、先発品と同じ成分なのになんで嫌うんだろう? と疑問に思っていたのですが、どうやら先発品とまったく同じものとは言えないようです。 具体的な例で言うと、錠剤は色や形状が異なっていてもジェネリックとして扱われるとのこと。色などの添加物はともかく、形状が異なるというのは大きな違いなのではないかと思います。錠剤の表面積が大きいと人体への吸収は速い・... Read More

Leave a Comment

不況は医療業界にも波及するか?

先日の日経に、医療用ベッドをつくっている企業(パラマウント・ベッド?)が病院の買い控えの影響を受け減益傾向にあると載っていました。 医療業界というのは不況の影響を受けにくいのかなと思っていましたが、やはり家計に影響が出てくるレベルまで不況が進むと多少なりとも影響が出てくるようです。病院の経営悪化は制度変更や人材不足によるところが大きいですが、患者の診療控えも影響します。 米国発といわれる金融危機ですが、めぐり巡って病院経営にまで打撃を与えるとはまさか想像がつかないでしょう。 こういう話を聞くと、本当に経済は循環なんだと思い知らされます。そんな中でもファーストリテイリングやマクドナルドは好調。同... Read More

Leave a Comment

週刊ダイヤモンド2/14号より

本日発売の週刊ダイヤモンドはトヨタの分析が主なテーマでした。介護・医療に関連のない特集であれば普段はあまり購入しないのですが、日本一といわれるトヨタがどのような状態なのか興味が有り購入。 おもしろいと思ったのは、トヨタの業績が悪化すると(昨年度2兆円黒字⇒今年度は3500億円赤字予想)いわゆる自動車部品業者(2次、3次・・・の下請け業者)だけでなく、化学樹脂、ガラス、電機などの企業も悪影響を受けるということ。確かに車の部品は様々なものが集積されていますよね。最近は高度に電子化されているため、半導体産業にも影響があるようです。 また、トヨタおよびその関連企業が集まっている愛知県にも甚大な被害が出... Read More

Leave a Comment

マスメディアの今後

次世代マーケティングプラットフォームという本を読んでいます。この本は昨年の10月ごろに第1刷が発行されているようですが、人気のようでamazonではしばらく品薄状態でした。この本を読むと今後のマスメディアの行方、ネット広告の進化、未来像などさまざまなことを想像できます。 先週の東洋経済でも特集が組まれていたように、いわゆるマスメディア・マス広告を代表するテレビ・新聞の広告が激減しているようです。それにあわせてテレビ・新聞関連会社の業績も大きくダウンしています。テレビに関しては減収が番組のクオリティにも影響しているようで、負のスパイラルに突入しているようです。 今回のマス広告の減収は不況が発端だ... Read More

Leave a Comment

「できた人」になるには

『伝説の外資トップが説く リーダーの教科書』を読んでいます。キャリアを構築する上で非常に参考になる情報がたくさん載っているためオススメです。 その中でも感銘を受けた内容が「できる人」と「できた人」の違いについてです。「できる人」=仕事ができる、スキルがある人 「できた人」=哲学、行動指針、仕事に対する情熱やマインドがある人・・・ 優れたリーダーはスキルだけではなくマインドもなければいけないということです。 上司、管理職になっていくにあたってスキルは当然必要な要素です。課長・マネジャーと呼ばれるクラスでは、スキルの重要性の比率も高い。部下のお手本となるような業務内容、直接的にアドバイスができる経... Read More

Leave a Comment