Skip to content

月別: 2009年4月

強い危機感

日本にいると自身が内向きになっていくことを感じます。正確には内向きになっていることすら、なかなか気づかない環境なのかなと思っています。 大前研一氏の『「知の衰退」からいかに脱出するか』を読みました。日本が慢性的な集団知の低下に陥っている、ということをさまざまな事象を根拠に説明しています。金融リテラシーの低さ、グローバル化に対応できていない状況、内向き思考、リーダーの不在など切り口も複数です。 その中でも、強いショックを受けたのはアジアにおける日本の立ち位置です。中国、インドといった今後大きな成長を見込める国が存在することは認識していましたが、個々の人材レベルではまだまだアドバンテージがあると(... Read More

Leave a Comment

フレームワークの効能

よくロジカルシンキングやコンサルをテーマとした本に出てくるフレームワーク。フレームワークは文字通り枠組みです。私としては考えるための道具、思考のツールという解釈をしています。 身近な例だと5W1Hもフレームワークです。なにか施策についてアクションを考えるとき、どういう軸でアクションの内容について考えるかは非常に悩むところです。誰がいつ、どこで、誰に対して・・・などなど。しかし、5W1Hにまとめてしまえば簡潔にまとまります。WhatとHowが重複しそうなときは省けばいいだけです。しかも、5W1Hは多くの人が知っているので、情報を共有しやすいでしょう。 マーケティングの4P、サービスの性質を現すQ... Read More

Leave a Comment

わかりやすい答えが無い

『オリジナルシンキング』という書籍を読みました。著者は博報堂のコピーライターやディレクターをご経験された方で、本の装丁や図もクリエイティブな雰囲気を前面に出しています。 オリジナルシンキングというと、企画の立案、キャッチコピーの考案、などなどをイメージします。趣旨としてはそういった認識でそれほどズレはないのですが、この本において何度も繰り返し述べられているのは「わかりやすい答えの無い時代には独自の仮説思考と独自の解決法の提案が必要だ」ということです。 上記のようなメッセージが文言を変えて、何度も何度も出てきます。これはおそらく、時代が工業社会から変化して、ただ単純に良いモノをつくって売る時代か... Read More

Leave a Comment

日経新聞のメリットとデメリット

現在、日経新聞をとっていますが、経済の情報源を新聞に頼るのは少しリスクがあるかなという気がしています。 日経にとって重要と位置づける(一面にくる)ニュースは確かに誰もが知っている企業の重要な決定についてのアナウンスですが、それが自分自身にとって重要であるとは限らないからです。しかし、重要で無いのに一面に来ているから「重要だ」「知らなきゃ恥ずかしい」と思ってしまうのは、それこそ思い込みの世界なのではないかと。 今はインターネット上にさまざまなニュースが配信されています。情報の優先順位付けを新聞に任せてしまうよりは、自分自身で能動的に探していくほうが有益な情報をすばやく得られるのではないか、と思っ... Read More

Leave a Comment

職人技

医療・介護関連業界に身をおいていると、つくづく専門資格の効果は強いなと思います。当然といえば当然かもしれませんが、クリニック、薬局、介護事業所に圧倒的大手は存在しません。資格と資金があれば誰もが開業でき、なおかつ専門職を大量に囲い込まなければ圧倒的大手を形成できないからでしょうか。 他の業種違うのは、誰でも開業できるわけではない、という一点に有ります。事業所ごとの差別化はむしろ少ないぐらいですから、とにかく資格によって囲われた業界、ということです。 これらの業界に属する職種の報酬は主に需給バランスによって決定されていますが、国の制度により報酬が制限されることもあります。そういった意味では、強い... Read More

Leave a Comment

財務分析

『営業マンは決算書のここだけみなさい!』を読みました。 タイトルのとおり、営業マンが取引先の財務分析を簡易に行うために書かれた本です。 内容としては極めてシンプルで150ページぐらいなので非常に読みやすいです。主な財務分析手法について解説されていて、それぞれの手法の有効性について著者の観点から書かれているのが参考になります。 ただ、これだけで財務諸表について読み込めるようになるかというと、それは難しいかもしれません。営業マンを対象とした本だけに、ざっくり分析できれば・・・という趣旨となっています。財務3表について詳しく記述されることもありませんので、実際に自分の目で3表を繰り返し見る・・・とい... Read More

Leave a Comment

介護ビジネスの現場

『介護ビジネス 巨大市場で勝ち続ける条件』を読みました。 2006年出版ということで、タイミングとしては前回の法改正です。そういった意味ではやや古めの本かもしれませんが、やはり介護ビジネスには基本となるマネジメントが足りていないということがよくわかりました。 これは医療業界も同様で、他業種よりも人材育成・評価や報酬の設計・モチベーションのコントロール・・・ さらには財務マネジメントなど経営の根幹に関わる部分にも関心が薄いようです。マネジメント層が同時にプレイヤーなことが多いからかもしれません。介護報酬の抑制も響いているようですが、こういったマネジメントをしっかり行えば収益性を有る程度改善できる... Read More

Leave a Comment

yahooとgoogle

先日、はじめてグーグルドキュメントに触れました。 使いやすさはMicrosoft officeに比べるとやや劣る部分もありますが、spreadsheetには関数機能もしっかりついているため、普段使う分には支障はなさそうです。これらを無料で利用でき、しかもインストールする必要も無く、インターネットが繋がればどこでも編集できます(SaaS)。 今後のクラウドコンピューティング時代を見据えたgoogleの施策のひとつですが、こういった施策の効果は徐々に広がってくるものと思われます。技術は利便性の高い方向へ進みますから、オーバースペックとなったMicrosoft officeに取って代わるのは時間の問... Read More

Leave a Comment

PB商品の値下げ相次ぎ

ここ1ヶ月で小売各社のPB商品の値下げ発表が相次いでいます。低価格を売りにしていたPBがさらに低価格に・・・ 早くもPB商品も体力勝負の様相を呈してきました。 普段、買い物に行かれる方ならお分かりになると思いますが、PB商品はメーカーの企画品よりも確かに安いです。私もセブンイレブンで買ったりしますが、特に食品関連は非常に安い。レトルトのカレーが90円前後で買えるとなると、一般の品と比べれば半額程度です。今までコンビニの印象としては、近所にあって便利だけれど価格はスーパーやドラッグよりも高い というものでしたが、もはやこの印象も薄れつつあります。 ところでコンビニ市場といえば、先週にローソンのド... Read More

Leave a Comment

狂気的なモチベーション

坂本桂一氏の『新規事業がうまくいかない理由』を読みました。 事業開発関連の書籍というと、「どうしたらうまく行くか」という切り口からのものが多いですが、この本はその逆からの切り口となっています。なぜリソースのないベンチャー企業が毎年生まれてくるのに、大企業の新規事業はうまくいかないのか・・・ なるほどと思う理由やその対処法が冷静に書かれています。 それら理由の中でも、おそらく一番の肝となっているのは人材の部分でしょう。資金やモノ、情報は十分にある中で、唯一人材に関してはベンチャーほどの高いモチベーションが無い。特に創業当初の企業というのは寝る間も惜しんで、明日にも資金が尽きるのではないかという想... Read More

Leave a Comment