Skip to content

月別: 2009年10月

道標を決める

仕事をするにしても勉強をするにしても、道標となる目標は非常に大事です。 目標というとどうも売り上げのことであったり、資格をとるといった話になりがちですが、本質的は仕事を通してどうしたいか、資格をとって何をしたいかといったところまで突き詰めないと本気になれることはありません(短期的にがんばれても長続きしません)。 どうも、ここ最近はスキルアップの話ばかりが先行していますが、スキルアップのためのスキルアップほど空しいことはないでしょう。まずは、自分がどのようにして生きていきたいか、どんな人間になりたいか、道標を決めてからでないと暗中模索でただひたすら動き回るだけになってしまいます。 尊敬できる人、... Read More

Leave a Comment

情報インフラ構築は時間がかかる

利他主義が社会を変える。ネクストの挑戦(2009/10/17)峰 如之介 商品詳細を見る この本を読んでいて思いましたが、情報インフラは収益化までにかなり時間がかかります。HOME’Sのように優れた情報サイトであっても、やはり収益に結びつくまでには時間とコストがかかったようです。また、収益化するまでは別の事業で日銭を得るといったことも行っていました。 情報インフラはネットワーク効果の影響を強く受ける媒体です。コンテンツが整ってユーザーが集まって、ユーザーが集まるとまたコンテンツ(または広告出向)が増える・・・といったサイクルで動いています。 最初はとにかく大変です。コンテ... Read More

Leave a Comment

どこまで信念を貫けるか

前回に引き続き株式会社ネクストについてです。 ユーザー視点に立ったさまざまな施策があるというお話をしました。その中でも驚いたのが、物件情報リフレッシュの頻度です。 HOME’Sはなんと、1週間に1回リフレッシュされるようにしているとか。1週間で物件情報が自動的に掲載落ちし、担当者は更新しなければいけないという仕組みになっているとのことです。業界の慣習は2週間1回ということなので、なんと倍の頻度を不動産業者に求めたということです。 1週間というと非常に早いペースですが、確かに4月などピークの時期のことを考えると、せっかくに気に入った物件がすでに埋まっていた・・・ということが頻繁に起こ... Read More

Leave a Comment

社会を変えようという理念

そもそも、なぜHOME’Sが創られたのか。前回の続きの話になります。 きっかけは不動産情報の非対称性が極めて強いということからでした。不動産の購入にしても、賃貸物件選びにしても、かなり高額の出費になります。しかし、情報が適切に開示されていないがためにエンドユーザーは妥協を強いられている。そんな状況を打破しようと創業されています。 そのため、軸足は常にエンドユーザーに置かれています。情報の非対称性を解消し、ユーザーが安心して物件を探し出せるようになる。そんな社会を実現するのです。 こういった媒体(情報インフラ)を創るにあたって、極めて重要となる要素が情報の網羅性です。情報を非対称性を... Read More

Leave a Comment

想いありきである

松下幸之助氏も稲盛和夫氏も、想い・熱意・哲学・理念が大事だと説いています。経営者の方にはやはり、想い・熱意が大事だとおっしゃられる方が多数います。 書店にいるとさまざまな本があります。時として、惑わされることがあるかもしれませんが、いわゆるスキルや手法というのは何の手法かといえば、想いを達成するための手法に他なりません。なによりもまずは想いなのです。 想いありきであるということを改めて実感させられた本に『利他主義が社会を変える。ネクストの挑戦』があります。 利他主義が社会を変える。ネクストの挑戦(2009/10/17)峰 如之介 商品詳細を見る ネクストといえば、近年住宅サイトのHO... Read More

Leave a Comment

マーケティング・インタビュー

みなさまにはインタビューのご経験はおありでしょうか。 1対1の対面で簡易にインタビューをするものから、本格的なグループインタビューまで、なにかしらの経験があるかもしれません。また、そこに意識的に本に書いてあるような手法を取り入れた方もいれば、とりあえずやってみるというスタンスの方もいらっしゃったでしょう。 インタビューは想像以上に奥が深く、実施方法によってその成果も大きく異なってくるようです。アンケート形式で紙に書いてもらっても、字を表面で追っても、なかなか真実は見えてこない。 マーケティング・インタビュー 問題解決のヒントを「聞き出す」技術(2004/07/30)上野 啓子 商品詳細を... Read More

Leave a Comment

熾烈な戦争に巻き込まれない

最近、リスティング広告がますます人気になってきていることを感じます。 ここ2,3年は、なれない人にとっては物珍しいものだったのかもしれません。CMやバナーも広告ほど、すんなりの理解されるものでもないでしょう。また、運用にはテクニックが必要で、本気でパフォーマンスを高めようとすればかなりの時間を割く必要があります。 そういった事情もあり、敬遠されてきた、または代理店任せにしてきた会社が多かったのかもしれません。しかし、徐々にその概念は広まり、コストパフォーマンスが高いことも認知されてきます。運用ノウハウはまだまだ表出しておらず、基本的なことが書かれた書籍しかでていませんが、今後はそれらも陳腐化さ... Read More

Leave a Comment

人と違う生活

休日出勤をされたことはありますか。 一般的には土曜日曜がお休みです。まったく関係ない業種の方もいらっしゃるでしょう。 普段、土日が休みだと、休日出勤した日を新鮮に感じるものです。オフィス街には人がほとんどいなくて、電車はすごく空いていて、オフィスも静か・・・。通勤で窮屈な思いをする必要もなく、仕事も黙々とこなすことができます。 そう考えると、ほかの人に迷惑がかからない限りはほかの人が休んでいるときこそ働いたほうが効率が圧倒的に高いのではないかと思ったりもするのです。フリーエージェントのような方であれば、あえて土日に活動をしているということも多いのではないでしょうか。 早朝出勤、休日をずらす、働... Read More

Leave a Comment

学習は加速化する

以前から学習に関しては習慣化することをおすすめしています。 週に1日、気合を入れて10時間勉強をするよりは、1日1時間でもこつこつやっていくほうが価値が高いと思うのです。 われわれは1度学んだことでもすぐに忘れてしまいますから、知識の定着化という作業が必要です。それには、じっくり時間をかけて、繰り返し大事なことを学び、その印をつけていく・・・(仕事で実践してみる、どこかでアウトプットする・・・)そんな作業の繰り返しが必要なのです。 せっかく10時間かけて詰め込んだ知識も、1ヶ月もたてば忘れてしまいます。あの本はどんな内容だったっけ・・・そんなことが多いのであれば注意が必要です。 さて、知識が定... Read More

Leave a Comment

論理とイメージの行き来で一貫性を固める

論理を構築し、イメージで具体化する。その作業を繰り返します。 利用シーンのTPO、商品ベネフィット、顧客ターゲットを固めていきます。 こんな顧客もいるかもしれない、それであればこんな利用シーンもあるぞ・・・と。 同じ20代女性でも、18時ごろに帰宅してブログの更新に1日1時間費やす人もいるかもしれません。この年代はブロガーが多いというこがわかれば、ブロガーに使いやすいようなインターフェイスや、シーンを想起させる広告が有効でしょう。 そうして、イメージで閃いて、論理でマーケティングを構築していく。これを繰り返していくのです。 イメージが散逸してしまうときは、論理でシーンを細かく分解していきましょ... Read More

Leave a Comment