Skip to content

月別: 2010年12月

サイトを作り始めるときに押さえておきたい基本的なこと

サイトを一から設計するときにふと、 「あれ、どんなことから書き出そう?」 「コンテンツは何を置けばいいんだろう」 「トップページは見た目にインパクトを持たせたほうがいいかな…」 といったことで悩むことはありませんか?サイトのコンテンツやデザインには特定の方程式、フレームワークも無く、作り始めの際には頭を悩ませることも多いでしょう。 今回はサイト作成の初期段階をスムーズに進めるためのコツをお伝えします。 ■最初に押さえておきたい3つのこと 1.あなたが作っているサイト目的は何か? あなたが作っているサイトはなんのためにあるのでしょう。商品を販売するためでしょうか。資料請求や無料サンプルの請求をし... Read More

Leave a Comment

コピーライティングにおける写真やイラストの使い方

あなたはコピーライティングはどんなスキルだと捉えていますか? コピーライティングに関する本を読むと、「文章でいかに売り込むか」についてたくさん学ぶことになると思います。ゆえに、コピーライティング=文章によるセールスと思われがちです。 しかし、実際には写真やイラスト、図表なども用います(とは言っても大部分は文章なのですが)。ときにコピーライターは文章に力をいれても、写真やイラストを疎かにしがちです。今回はコピーを書く上での、写真やイラストの使い方について解説したいと思います。 ■どんな場面で写真やイラストを使うか さて、とは言ってもあちらこちらで写真やイラストを使えば良いというわけではありません... Read More

Leave a Comment

コピーライティングにおける商品開発秘話の存在意義

ECサイトで「商品開発秘話」や「商品に込めた想い」が掲載されているのを見たことはありますか?冷静に考えると「商品のメリットを伝えているわけでもないし、スペースの無駄では?」と思うかもしれません。しかし、それにしては多くのECサイトが導入しています。 本当に開発までの道のりを伝えたいだけなのでしょうか?それとも、商品開発秘話のような「物語」にはコピーライティング上、何か様な効果があるのでしょうか? ■人は誰でも物語が好き 人は小さい頃から昔話やおとぎ話に触れています。歳をとっても、小説やドラマ、一昔前に流行ったプロジェクトXのようなドキュメンタリーに心踊らせます。基本的に、人は物語がとても好きな... Read More

Leave a Comment

ランディングページ最適化で売上を上げる10の方法

あなたはランディングページの最適化に取り組んでいますか?ランディングページとは見込み客が広告をクリックした際に、一番最初に到達するページのことです。ランディングページのデザインによって、見込み客がコンバージョンする確率は倍以上変わってきます。このランディングページの設計を最適化し、コンバージョン率を高めることをLanding page optimization(LPO)と呼びます。 今回はLPOで売上を上げるための10の改善アプローチをお伝えしたいと思います。 1.ページを一枚にしてみる ランディングページを一枚にする(グローバルナビや不要な外部リンクを一切排除する)ことの意義は二つあります。... Read More

Leave a Comment

明確であることの強さ

あなたは明確であることの力を活用していますか?明確であるということは、それだけで強力な力を発揮します。 ■明確であることの例 例えばディズニーランドは顧客をゲストと呼びます。そしていかにゲストに夢をみてもらうか、心地よくいてもらうかに心血をそそいでいます。ディズニーのキャラクターは、そのキャラクターを徹底して演じ切らねばなりません。中に人がいるなんて、微塵も匂わせてはいけないのです。もちろん、園内にゴミが落ちていてはいけません。そこは夢の国だからです。 スタッフ全員、そのコンセプトを明確に意識して行動しています。ゲートを潜った瞬間から外に出るまで、一貫してゲストを夢の国に招待するという態度を貫... Read More

Leave a Comment

誰のためのサイトなのか? ウェブコピーの基礎

あなたはウェブで何かを売っていますか?今回は販売用サイトを運営する方に、ウェブのコピーライティングの基礎についてお伝えしたいと思います。 ■まずはじめに重要な質問… あなたの運営するサイトは、誰のためのサイトですか? もちろん、あなたのためでも、上司のためでもありませんよね。サイトはあなたの商品を買ってくれる可能性のある見込み客のためにあります。さらに言えば、見込み客に商品を買ってもらうためのサイトです。 見込み客のためにサイトがあるなんて、当たり前じゃないか、と思われるかもしれません。しかし、多くのサイトはこの目的に沿って設計されていません。あなたも思い当たる点があるのではないでしょうか? ... Read More

Leave a Comment

リピーターを使ったマーケティング戦略

あなたはどのような戦略で事業展開をしていますか?話題のもの(今ならソーシャルメディアなど)、思い付いた良いアイデア、他社が儲かっている事業のベンチマーク、ニッチな市場… きっかけは様々でしょう。 参入基準は様々かもしれませんが、今回はリピーター顧客を基準とした事業戦略についてお伝えしたいと思います。 ■既存顧客にものを売る方が簡単 まず前提の共有になります。 以前に、新規顧客にものを売るよりも既存顧客にものを売る方が簡単であることをお伝えしました。 そのことを知っている企業は既存顧客の連絡先をうまく聞き出し、DMやメルマガで継続的に関係を築く努力をしています。それが安定した売り上げをもたらす... Read More

Leave a Comment

なぜあなたから買わないといけないのか

マーケティングをするうえで、「見込み客はなぜあなたから買わなければいけないのか」という疑問に答える事はとても重要な事です。 極端にいえば、見込み客からするとあなたの商品は選択肢の一つでしかないのです。「なぜ買わなければいけないのか」 その答えがないなら、恐らく見た中であなたの商品がたまたま安かったか、立地がよかったか、急いでいたか、その程度の理由でしか選ばれていないのでしょう。 この買う理由をマーケティングではUSP(unique selling proposition)と言います。USPを持つことによって、あなたの販売力は格段に向上しますが、USPを見つけることが難しいと感じる方も多いようで... Read More

Leave a Comment

売り込むのは商品の機能じゃない

以前にセールスの役割は見込み客に夢を見せることだ、と教わったことがあります。抽象的な例えではありますが、セールスの本質をついている気がします。商品を手にした際の機能的、感情的なベネフィットをリアルに伝えることが重要ということでしょう。 そこで、今回は「夢を見せる」というセールスに役目について、もう少し具体化してまとめたいと思います。 ■夢を見せるとはどういうことか まず、夢を見せるとはどういうことでしょう。例えばマンションの販売をするとき 「キッチンが広いから、複数の料理を同時に作るのも苦にならないですよ。リビングもスペースがあるので、少し大きめのテーブルをおいてたくさんの料理をおいてみてはど... Read More

Leave a Comment

顧客管理の重要性

マーケターは往々にしてして新規顧客の獲得に集中しがちです。とにかく広告やダイレクトメールをうち、新しい顧客からの問い合わせにワクワクしてしまいます。 ■既存顧客の方が売りやすい しかし、実際には新規顧客を獲得するよりも、既存顧客にものを売る方がとても簡単です。新しい顧客を獲得するには、 まずは信頼関係の構築が必要です。それに比べ、既存顧客は一度買うか買わないかのハードルを超えたわけですから、前よりもあなたのことをずっと信用するようになっています。 例えばあなたも、食事に行くなら一度行ったことのある店のほうが安心でしょう。服を買うなら、一度買ったことのある店の方がハズレが少ないと考えるでしょう。... Read More

Leave a Comment