Skip to content

月別: 2011年1月

すし三崎丸のクーポン券

今日、すし三崎丸(寿司屋チェーン)で食事をして、お会計を済ませたらクーポン券をもらった。200円引きのクーポン券を4枚、2月末までの有効期間。 http://www.kyotaru.co.jp/misakimaru/misakimaru.html もともと1,000円前後で済む店だから、かなり太っ腹なクーポンだと思う(クーポン無しの価格が高めなのか・・・?)。友人を連れて行って全員でクーポンを使うのもいいし、店舗指定もないから誰かにあげても良さそう。 このクーポン、結構集客には役立っているんだろうな~と思う。期限もついているし、200円引きっていうのはインパクトがでかい。しかもややこしい利用条... Read More

Leave a Comment

自己実現と幸せ

今回はマーケティングの話とは全く関係ありませんが、自己実現と幸福の関連性について考えたいと思います。 さて、あなたは自己実現という言葉をご存知でしょうか? 辞書的には「自分の目的、理想の実現に向けて努力し、成し遂げること」という風に解説されています。マズローの五段階欲求によれば、食欲などの基本欲求、安全の保証、社会への所属などの欲求が満たされると、最終的に人は自己実現の欲求の充足を目指すと言います。 実現したい目的というのは人それぞれだと思いますが、食べるものに困らず、そこそこ安定した環境に身をおけば、充実感を求めて大きな目標や夢を抱くようになる、というのは感覚的にも理解できます。 ■幸せを感... Read More

Leave a Comment

はじめの一歩を踏み出そう- 成功する人たちの起業術

はじめの一歩を踏み出そう- 成功する人たちの起業術 を読みました。これは中小企業経営者向けに書かれた本です。個人的には起業志望の方はもちろん、これから部下を持つ方、マネジャーの方にとっても面白いと思います。 ■なぜ多くの起業家が失敗するのか 本書はまず、多くの起業家が失敗する(米国では新規企業の40パーセントが一年目で倒産し、5年目には80パーセントが倒産する)理由について書かれています。 人間には 1.起業家:未来を見る、変化を好む理想主義者理想。戦略を作り上げる。管理は苦手。 2.マネジャー:過去を見る、現実主義者。問題を発見し、管理するのが得意。 3.職人:今を見る個人主義者。決められ... Read More

Leave a Comment

マーケティングの運用方針は3ヶ月で陳腐化する

マーケティングをしていて驚くのは、その環境変化の速さだけではありません。継続的な成長のためには、環境の変化を問わず、自分自身が組み立てた日々の業務運用方針ですら、目まぐるしく変化させなければいけないのです。 ■マーケティング運用方針とは? マーケティングの運用方針とは、マーケティング戦略を達成するために必要な日々の業務運用のことを指します。 戦略とは、例えばリッツカールトンであれば顧客満足度を最大化するという方針です。DeNAで言えば膨大なウェブ解析データを肝とした、ユーザビリティの高速PDCA(による課金額の増加)です。 こういった戦略を支えるために、日々の業務運用の目標を決めなければいけま... Read More

Leave a Comment

広告は経費?

どうも世の中には広告を単なる経費とみなす会社が多いようです。不況になれば真っ先に削減対象になりますよね。実際のところ、金融不況により各メディアは痛手をこうむりました。 しかし、本来広告は売り上げを生み出すための手段のはず。広告を止めれば売り上げは減ります。結局のところ不況だからと広告を減らしても、何も前に進まないはずなのです。では、なぜ広告を単なる経費とみなす会社が多いのでしょう? ■広告を投資と捉えていない 広告は売り上げを生み出す手段です。広告費を投資して売り上げというリターンを得るのですから、まさに投資なのです(しかも自分でその成果を改善することもできる)。 そして問題は、多くの人が広告... Read More

Leave a Comment

映画 ソーシャル・ネットワークの感想

映画の「ソーシャル・ネットワーク」を見ました。おもしろかったです。 Facebookの創業物語なわけですが、実話(インタビュー)をもとにして作られています。もちろん、100パーセント事実ということはないと思いますが、それでも起業の熱気、成功への嫉妬や裏切り、興奮がリアルに伝わってきます。 ■負の感情が原動力に Facebookは今となっては全世界で五億人以上が使っているサービスです。 しかし、映画を見る限りでは、最初から崇高な目的があって作られた、という感じではありません。描かれているマーク・ザッカーバーグの内面は、本当に普通の学生と変わらないものなのです。学生時代特有の目立ちたい、認められた... Read More

Leave a Comment

リスティング広告文 改善のコツ

今回はリスティングの広告文について、クリック率を上げるためのアイデアをお伝えしたいと思います。 ■広告文は制約が大きい まず始めにおさえておきたいこととして、リスティングの広告文はあまり字を詰め込めません。 ヤフーならタイトル(見出し)15文字、説明文33文字で構成されています(半角全角問わず)。 グーグルはタイトル25バイト、説明文は35バイト×2行です(グーグルは半角を使えば文字数を節約できますね) 制約が大きいため、書けることの幅も狭くなりがちです。ゆえに、「あまり文章変えられないし…」と改善を怠りがちです。 ■それでも改善しないのはもったいない しかし、それでも良い広告文とそうでないも... Read More

Leave a Comment

ダイレクトメール(DM)の有効な使い方

あなたはダイレクトメールを有効活用していますか? ダイレクトメール(以下DM)と聞くとなんともアナログなイメージかもしれませんが、使い方次第ではリスティングなどのウェブ広告よりも高い収益を上げることができます。 とは言え、 ? 封入作業等が必要で大きな手間がかかる ? 発送費がかかるため料金が高そう ? どうしたら反応率が上がるかわからない ? どんな場面で使うべきか分からない といった疑問もあるかもしれません。今回はこういった疑問を解消しつつ、効果的にDMを使うにはどうすれば良いか、についてお伝えしたいと思います。 ■コストについて さて、DMの発送費用というのはだいたいどれくらいでしょう。... Read More

Leave a Comment

付加価値戦略の本質2 ー ニッチを狙う

前回、人は物の価値を相対的に判断する、ということについてお伝えしました。例えばニトリが安いと言われるのは、街の家具屋などと比較して安いと言われているのです。 また、比較は同じカテゴリの商品内で行われます。オーダーメイドの高級家具がニトリと比べて高いと言われることはあまりありません(価格的には当然高いわけですが)。それは、オーダーメイド家具とニトリがそもそも見込み客からしてみれば、違うカテゴリの商品であり、比べるものでは無いからです。 つまり、同一カテゴリに分類されれば、カテゴリ内であれこれ比較され、価格競争に陥ります。しかし、付加価値によって競争の激しい分野とは違うカテゴリに属することができれ... Read More

Leave a Comment

付加価値戦略の本質1 – 値引き競争に打ち勝つには

あなたも顧客から「他社さんはもっと安い」と言われて値引き交渉をされたことがありませんか?また、競合製品の値下げに合わせて自主的に値下げをしたような経験はありませんか?販売者にとって値下げは辛いものです。なにせ利益が減ってしまいます。 一般に、こういった値引き競争から逃れるのに有効なのは「付加価値」を付けることだと言います。しかし、この付加価値という言葉は曖昧です。付加価値をつけると言っても具体的に何をするのか?サービスを増やすのか、商品の品質を上げるのか、納品までの時間を短くするのか… いったいどうしたら過当競争から逃れられるのか?? 今回は過当競争から逃れる為の付加価値戦略の本質を、人間の... Read More

Leave a Comment