Skip to content

月別: 2011年3月

体験と感情の動きを尊ぶ

さて、いよいよ明日から新しい年度が始まります。多くの方がこの一年を振り返ったのではないでしょうか?? 私自身も、非常に多くの変化を体験した一年でした。その中にはワクワクすることもあれば、悔しいこと、辛いこともありました。やはり、良いことばかりではありません。 しかし、このような体験や感情こそ大切にして行きたいと思うのです。人間は論理では「あれをやるべき」「これをやるべき」と理解していても、行動につながりません。それは自分自身の感情に紐づかないからです。頭で理解していても気持ちが動かない。 多くの体験に伴う感情の動きがあれば、「やらなければ!」と思い立つ機会も多い。学びから実行に移される確率も高... Read More

Leave a Comment

委任と放棄の違い 自発行動とイエスマンの違い

もし部下を持ったことがある方なら、「全然任せたとおりやってもらえない」と、ガッカリしたことが一度や二度はあるのではないでしょうか。 言った通りにやらないから、結局自分が全部やってしまう。仕事を任せることができず、いつまでたっても仕事は楽にならない…。 ■委任と放棄 しかし、こういう場合、ほとんどは委任と放棄を混同しています。任せたはいいけど、前提のすり合わせが十分でなかったり、中間報告を受けずに放ったらかしにしたり…。蓋を開けて見たらうまく行っていないというわけです。 任せるからには、うまくいかなかったら自分のせいと考えないといけません。その方が生産的ですし、実際まかせるにはそれなりの技術が必... Read More

Leave a Comment

苦しいが楽しい?

あなたは何か趣味を持っていますか? 昔、福島正伸氏が講演でお話されていた話ですが、 「人は困難に出会うほど、やりがいを感じて楽しくなる」そうです。 例えば趣味はたいてい”困難”がつきもので ・ゴルフ ・山登り ・釣り ・ジョギング ・料理 ・・・etc 趣味って、どれをとっても興味の無い人が見たら「なんでわざわざそんなことを?」と思うようなことばかりですよね。ゴルフなんてなかなかスコアは伸びないし、ゴルフ場は遠いし、クラブは高額。山登りは時に命の危険さえある。釣りだって、待ち時間がほとんどなわけです。 しかし、やってる本人からすれば真剣そのものです。「やってもなかなかス... Read More

Leave a Comment

会社にもマーケティングにも理念や価値観の共有が必要な理由

以前、業務をマニュアル化することの効用についてお伝えしました。 業務をマニュアル化すれば、どんな人が取り組んでもある一定以上のクオリティを担保できます。また、判断基準をルール化すれば、仮にリスティング広告で運用するキーワードが10倍に増えても、入札価格などの管理工数は10倍にはならない。機械的に運用できるわけです。 このマニュアル化、ルール化、自動化・・・といったキーワードで成功しているのが、まさにマクドナルドやコンビニチェーンなわけです。どの店でも一定上の味は担保できるし、店内はある程度清掃が行き届き、接客も不快になることはありません。 ■理念や価値観の共有の効用 さて、業務のマニュアル化が... Read More

Leave a Comment

それぞれのマネジメント・リーダーシップスタイル

最近、マーケティングだけでなくリーダーシップやマネジメントについても学ぶ機会を作っています。 リーダーシップやマネジメントの本は、非常にバリエーションが豊富です。Amazonの和書で調べたところ、マーケティングやセールスが約4,000冊なのに対し、マネジメントは3,000冊、リーダーシップは2,000冊ぐらいでしょうか。 マーケティングは様々な手法やノウハウがあります。マーケティング理論もあれば、オフラインマーケティング、オンラインマーケティング、コピーライティング・・・と挙げればキリがないくらい。それなら4,000冊も納得なのですが、マネジメントやリーダーシップが2,000も3,000もある... Read More

Leave a Comment

知識、即実行

あるセミナーに参加した男の話です。そのセミナーは二日間の日程でした。とある有名な起業家が講師です。 セミナーに参加したその男は、一日目の午前中のセッションが終わったところで慌てて帰ってしまいました。他の参加者は一生懸命にノートに書き写し、真面目に話を聞いています。 ところが、その一週間後、その男性が講師のもとを訪れて「こないだのセミナーの料金のもとは、もうとれましたよ。あそこで聞いた話をすぐ実行したんです。ありごとうございました!」と。 ■知識、即実行 この話は(ダンケネディ氏の著書に出た話を拝借しました)ちょっと極端かもしれませんが、成果を出すにはこれくらいの実践力が必要であると、つくづく感... Read More

Leave a Comment

すでに起こった未来

首都圏では地震の影響がひと段落してきたようです。しかし、原発問題及び、相変わらず続く計画停電の影響が大きそうです。 さて、原発が動かない以上、今夏の電力不足は確定的となりました。真昼間の暑い時間帯に電力消費量が上がりますが、この分を賄うことは不可能です。更なる計画停電はもちろんのこと、節電(冷房の温度は28度…)がより徹底されるでしょう。 暑さで体調を崩したり、生産性が下がることも予測されます。停電の影響で交通網が混乱する可能性もあります。 ■すでに起こった未来 さて、上記のような現象はすでに起こった未来として、想定の範囲内にあります。政府がリーダーシップを発揮してサマータイム等が導入れれば別... Read More

Leave a Comment

コピーライティングばかりに頼るな

コピーライティングはとても面白い分野です。営業でも様々な心理テクニックがあるのと同じように、コピーライティングの世界にも様々な手法があります。それはそれは、優れたセールスレターは「買わない」ととても言えない、強力な力を秘めています。 ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則(2008/09/20)ジョン・ケープルズ 商品詳細を見る 全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術(2006/03/16)ジョセフ・シュガーマン 商品詳細を見る ※コピーライティングは米国でとても発達していますね。日本人の著書はほとんどいません。 ■コピーライティング... Read More

Leave a Comment

マーケティングとファシリテーション

最新、ファシリテーションについて学んでいます。 こちらはファシリテーターとは何かを物語で学べます。 ザ・ファシリテーター(2004/11/12)森 時彦 商品詳細を見る 具体的な手法についてはこちら 問題解決ファシリテーター―「ファシリテーション能力」養成講座 (Best solution)(2003/02)堀 公俊 商品詳細を見る いずれも良書です。 ファシリテーションは「促進する」といった意味合いがあります。よく「会議のファシリテートする」、という表現が使われますが、単なる司会進行役ではありません。役割は広範ですが、大雑把に言うと立場や価値観の違う人たちを同じ目的に... Read More

Leave a Comment

残り95%に着目する

マーケティングをやっていると ・広告のクリック率は5% ・コンバージョン率は3% ・DMの反応率は1% ・・・ と、一桁パーセントという感覚に慣れますよね。本当に興味をもって反応してくれる人は、だいたい数パーセント。まぁ良くて10%とか、ターゲットがよければ20%とか、そういう世界です。 マーケターはこの数パーセントに本当に本当に、着目します。実際のところ私も、「コンバージョン率 2.0%を2.4%にするにはどうするか!?」ばかり考えていた時期もありました(成果20%アップだから凄いのですが)。 ■残り95%という発想 しかし、この本にふと目を通すと Webアナリスト養成講座 (CD-... Read More

Leave a Comment