Skip to content

月別: 2011年10月

健全な競争心

■増山です。  昨日は、以前にご紹介した  スティーブ・ジョブズ氏の自伝と  『スティーブ・ジョブズI』  http://amzn.to/ug77RB  もう1冊、  『マリス博士の奇想天外な人生』  http://amzn.to/rzPiBQ  を読んでいました。 ■マリス博士はノーベル化学賞を受賞した  著名なサイエンティストですが、  ・熱狂的なサーフィン好きで、受賞時にはメディアに   「サーファーがノーベル賞を受賞した!」   と報道された  ・ノーベル化学賞はドライブ・デート中に閃いた  など、かなり個性的な方だそうです。  タイトルどおり、「奇想天外な人生」を  じっくり読み解き... Read More

Leave a Comment

すぐ役立つものは、すぐ役立たなくなる

■増山です。  昨日は恒例の水泳で、  約1.5kmほどをクロールで。  1km超えたあたりからがかなりきつくて、  手足がなかなかスピーディーに  動かないんですね。  でも泳いでいる方は休まず、  コースを何往復もしていて、  基礎体力&ペース配分について  もっと自分も鍛えなければと思う次第。 ■さて、本日は  『すぐ役立つものは、すぐ役立たなくなる』  というテーマでお話しします。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ユニーク人材になる方法 『すぐ役立つものは、すぐ役立たなくなる』 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■さて、昨日は... Read More

Leave a Comment

教養とビジネスはどう関係する?

■増山です。  私がご紹介するまでもなく、  有名な本ではありますが、  『スティーブ・ジョブズ I』  http://amzn.to/ug77RB  を読んでおります。 ■事実は小説より奇なり、  いかにしてスティーブ・ジョブズほどの  カリスマ、崇拝される方が生まれたのか、  有名な完璧主義はどこから来たのか、  良い点も悪い点も含めて  細かく描かれています。 ■さて、本日は  『教養とビジネスはどう関係する?』  というテーマでお話しします。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■ユニーク人材になる方法 『教養とビジネスはどう関係する?』 ━━━━━━━━━━... Read More

Leave a Comment

悔しさ・後悔を噛み締める

■増山です。  以前に紹介した、  ライフネット生命の岩瀬さんの本  『ネットで生保を売ろう!』  http://amzn.to/shPhtM  に、ネットライフ生命立ち上げ期の  マーケティング手法について書かれていました。 ■同社は  ・ネットで生保を売るという革命的スタイル  ・独立系で知名度なし  といった背景があったことから、  ネット広告だけでなく、  PRや新聞、雑誌広告など、  幅広にリーチするような手段をとり、  一気に認知度、ブランド力を向上させようと  マーケティングを展開していたそうです。 ■私はネット広告、  いわゆるダイレクトレスポンス広告ばかりを  扱ってきた人間... Read More

Leave a Comment

途方も無い努力を知る

■増山です。  さて、先日義務感で本は読まないと  書いたばかりですが、  最近必要に駆られて以下の本を  購読しました。  『会議の教科書』  http://amzn.to/uqb4IX ■会議の効率性というのは  議論にあがりやすいわけですが、  (=非効率な会議が多い)  なかなか解決されないという、  難易度の高い問題でもあります。  やはり自己流でゼロから  「あるべき会議」を考えるのは厳しいと考え、  上記の本を購入した次第。 ■誰かが開拓した道があるのに、  わざわざ別ルートを自分で開拓するというのも、  それはそれで面白みがあるでしょうが、  非効率というものですね。  先人の... Read More

Leave a Comment

他人のせいにすればキリがない

■増山です。  ライフネット生命の副社長、  岩瀬さんの本を読んでいます。  『ネットで生保を売ろう!』  http://amzn.to/shPhtM  同書はライフネット生命の  創業物語が描かれたもの。 ■ライフネット生命は  戦後初めて誕生した独立系の生命保険会社です。  インターネットを通じたダイレクト販売で、  ・シンプル  ・低価格  を強みにして人気を拡大しています。 ■ライフネット生命の凄いところは  ・生命保険という規制の強い業界で、   徒手空拳(?)独立系からのチャレンジ。  ・生命保険をインターネットで販売。   それまでの生保業界のパラダイムを大きく変えた。  ・シン... Read More

Leave a Comment

心から欲する本を読もう

■増山です。  時間をかけてジワジワ読んでいる  森信三さんの著書  『修身教授録』  http://amzn.to/q4WLJs ■戦前、教員を養成するための学校であった  師範学校で修身(道徳)の授業を  担当していらっしゃった、  森信三さんの教授録です。  グッとくる人生の教訓が  ぎっしり詰まっていて、  逆にパッとは読めないのですが。 ■ところで、本書の中に  「仕事について」  という教授録が紹介されていました。  そこではまさに現代の  仕事術と呼ばれるような概念が紹介されていて、  ・タスクをリストアップする  ・優先度をつける  ・1つ1つわき目も振らず実行する  といった... Read More

Leave a Comment

アートとビジネスの関係性

■増山です。  新潟旅行の日程がハードだったため、  昨日は東京に戻ってから  休息をメインに時間を過ごしました。  久々にメルマガの号数や日付も  書き間違えていたようですね・・・。 ■新潟の十日町市というところに  滞在していたのですが、  電車が1時間に1本~2本程度の、  非常にのんびりとした町です。  東京に戻ってきたときは、    「同じ日本なのに、こんなにも違うのか」  と改めて実感。 ■住む地域によって、  考え方・価値観というのは  大きく変わってくるだろうなと  (当たり前のことですが)  思い起こさせられました。 ■さて、本日は  『アートとビジネスの関係性』  というテ... Read More

Leave a Comment

信頼の力

■増山です。  昨日、本日と新潟におりました。  ジェームズ・タレルの芸術作品、  光の館に宿泊するためです。 ■館の照明はもちろん、  調度品、壁の色、外光の採り入れ方、  庭の配色に至る細部まで  入念に計算しつくされたもの。 ■1番の目玉はなんといっても  outside inという部屋で行われる  ライトプログラム。  日没、日出にあわせて  スライド式の天井を開放し、  空の色の変化を眺めることができます。  この際、室内の照明は自動プログラムで  制御され、空の色がよりくっきりと  浮かび上がってみられるのです。 ■言葉では表現しつくせないので、  ぜひGoogleの画像検索で  ... Read More

Leave a Comment

目標と締め切りは偉大な発明

■増山です。  最近話題の「LYTRO」という  カメラをご存知でしょうか?  http://techwave.jp/archives/51707439.html  撮影後に焦点を変えられる、  つまりピンボケが起こらないという、  革新的なカメラです。 ■こういったプロダクトが出ると、  写真やカメラという世界の概念が  一気に変わってしまうんだろうなぁ、と思います。  値段は499ドルとやや高めですが、  いずれはこういう技術がスタンダードとなり、  値段も安くなるのかもしれません。  デジカメの概念が変わるばかりか、  様々な画像加工技術、アプリも巻き込んで、  大きな変化の潮目になるの... Read More

Leave a Comment