Skip to content

月別: 2012年3月

夢は「普通の会社員」

■増山です。  昨日は来期の体制整備のために  採用面談を行い、  その後は足元の仕事のケアもしつつ  来期の戦略作りをしておりました。 ■いろいろやりたいことはあるけれど、  抽象的に捉えるとつまりはどんな方針なのか。  はじめはバラバラに見えるものも  突き詰めれば1つの軸、芯に  まとまってきたりします。 ■具体案ばかりでは用を成さず、  戦略、方針、方向性として機能するには  やはりある程度抽象化された  概念が必要かなと思うのです。 ■さて、本日これから伊豆へ行って  3ヶ月ごとに実施している  人生計画策定の(?)合宿をしてきます。 ■さて、本日の「自己成長プロセス論」です。  (... Read More

Leave a Comment

思考の習慣化も自転車に乗るもの変わらない

■増山です。  もう年度末です。  光陰矢のごとしですね。  昨日は4月からの組織戦略について  再度考えをまとめておりました。  そして、積極的に人に語って  言語化するように努めました。 ■考えを言語化するというのは  極めて重要な作業です。  言語化できないうちは  やはりどこか整理できていない、  頭の中がまとまっていない状態ですから、  明確な言葉にできているかどうかが  頭の整理度合いを測る  1つのものさしになるのです。  ■そのため、  ブログを書いたりメルマガを書いたり、  もしくは人に話したりというのは  とても貴重な作業だと思うのです。  書いたり話したりするうちに  だ... Read More

Leave a Comment

第二の天性を会得する

■増山です。  昨日はビービット社が開催する  『「データ」×「心理」!事例に学ぶ成果改善アプローチ』  というセミナーに参加しました。 ■マーケティングのセミナーは久々でしたが、  サントリー「角ハイボール」の  プロモーション成功事例など、  大変興味深くお話を  聴くことができました。  ■私自身、ずっとマーケティングをやってきたので  「まぁ、ある程度知識は持っているだろう」  という気持ちがありましたが、  やはり慢心はいけません。  常に学びが必要です。   昨年はあまりビジネス書を読みませんでしたが、  今年は少しマーケティングのインプットを  増やそうかと思っております。 ■さ... Read More

Leave a Comment

一歩退いて眺める

■増山です。  昨日は、以前に予約購入していた  以下の本を読了。  『アトリビューション   広告効果の考え方を根底から覆す新手法』  http://amzn.to/zIvi1b  ビジネス書は軽いタッチで読めるので  ホッとしますね。  (古典はまだ少し気合が必要です・・・) ■ところで、ハウツーよりも「どうあるべきか」を  重点的に学びましょう、というお話をよくしますが、  やはり必要なときはハウツーを  大いに勉強すべきです。 ■すでに誰かが開拓した道を  自分で再開拓する理由はありません。  なにもかも我流でやれば  「自分で考えてやったんだ」という満足感は  あるかもしれませんが、... Read More

Leave a Comment

「愛」で売ったトップセールス

■増山です。  ここしばらく古典ばかり読んでいて  胃もたれ気味だったので  久々にビジネス書  『一日一センチの改革』  http://amzn.to/AxGoEn  を読んでおりました。  松下通信工業社の  (現パナソニックモバイルコミュニケーションズ)  排出物の99%資源化(!)を達成した方の著書です。 ■そのゴミ削減策は徹底しており、  なんとオフィスのゴミ箱すら  ゼロにしてしまったのだとか。  いずれメルマガ本編で  詳しくご紹介したいと思います。 ■それにしても、  イノベーションとは突然の発想から  生まれることもあると思いますが、  やはり突き詰めて工夫し続けて、  コツ... Read More

Leave a Comment

思考をマニュアル化する

■増山です。  昨日は午前中からスイミング。  午後はずっと読書。 ■先日のセミナーで  日本文化に興味を持ちましたので、  情熱が冷めないうちに  以下の本を購入しました。  『日本人と日本文化』  http://amzn.to/GYCf4N ■司馬遼太郎氏と  ドナルド・キーン氏の対談本です。  内外から見た日本観を  堪能したいと思います。 ■ところで、  私たちは無意識のうちに  日本の文化、風習に影響を受けています。  「習慣は第二の天性」という言葉がありますが、  まさに日本的風習は私たちの第二の天性として  根付いているわけです。 ■それにも関わらず、  文化の起源・背景を知らな... Read More

Leave a Comment

道楽者であれ

■増山です。  昨日は朝から終日  日本史と文化を学ぶセミナーに参加。  日本について無知なことを  改めて痛感いたしました。 ■いろいろ学ぶことはあったのですが、  特におもしろかったのは  「海外から見た日本の姿」について。  ・なぜ海外で着物や茶道が流行っているのか  ・おもてなしとホスピタリティの違い  ・なぜ日本は震災のときも秩序を守って生活したのか  ・・・ など、  興味深いテーマが目白押しでした。 ■おもてなしとホスピタリティの  違いについては目から鱗。  同じような意味で用いられますが、  語源や文化背景の違いから  本質的には異なる趣があるんですね。 ■さて、本日の「自己... Read More

Leave a Comment

自分の道を究める

■増山です。  昨日は急遽代打で  採用セミナーの懇親会に参加。 ■前日に打診されたので  予定調整に難儀しましたが  「義か利か」  を考えれば惑わず参加でした。 ■以前でしたら急な予定変更に  「うーん」  と難色を示していたところですが、  やはり日々の行動を変えなければと思い  意識的に「義」を実行しております。  (小さい話ですが・・・) ■今日はこれから  終日セミナーに参加です。  歴史について学んできます。 ■さて、本日の「自己成長プロセス論」です。  (※社会への価値貢献度を最大化するために必要な    自己研鑽、学び、マインドセットの理論と実践録) ━━━━━━━━━━━━... Read More

Leave a Comment

義が先で利が後

■増山です。  昨日は採用面談を何件か行いました。  短時間の面談で見極めるというのは  非常に難しいことではありますが、  そんな中でもオープン話せる、  本音で語れる雰囲気づくりが  大事だなと改めて思います。 ■当たり前のことですが、  もしも互いに何か隠し事があれば  いざ採用したときに「?」と  違和感を感じる可能性が  増大してしまうわけです。 ■面談のときは互いに  多少なりとも身構えるものですが、  やはり誠実・正直が重要です。  採用される側もする側も  相手が誠実であれば好感を持つでしょう。  仮に正直であるがゆえに  アンフィトであることがバレたとしても、  それは長期的... Read More

Leave a Comment

社会への価値貢献度を最大化する

■増山です。  いろいろな本を  パラレルで読んでおります。  昨日はドラッカーの名著  『プロフェッショナルの条件』  http://amzn.to/xe7Ufw  を再読しておりました。 ■数年前読んだときは  「なんだか小難しいなぁ」  としか思えず、  50ページぐらいで断念したのですが、  マネジメントの実践経験が蓄積されたこと、  東洋哲学に鍛えられた(?)ことから  いまでは楽しく読むことができます。 ■もう少し考えに触れたいと思い、  『チェンジ・リーダーの条件』  http://amzn.to/GDHukP  も購入です。 ■しかしながら、  ドラッカーが儒教の影響を  受け... Read More

Leave a Comment