Skip to content

月別: 2014年8月

ボルダリング150日目 ちょっと気の早い今シーズン初御嶽

記念すべき150日目のボルダリングは御嶽へ! 8月とは思えない涼しさの中、 気持ちよく外岩ボルダリングをしてきました。 ちょっと残念だったのは 前日まで続く長雨で一部の岩が水分を含んでいたのと、 たくさんの毛虫が発生していたこと! マミ岩~忍者岩あたりは昼間になると毛虫が酷くて、 おちおち登ってられないような状態になってしまいました。 また、砂箱岩あたりはまだ草が生い茂っていて進入不可ですねぇ。 ↓ほどよい曇り空で状態良好。地面は濡れていて、やや泥っぽい。 ↓すべり台岩 右端からトラーバスして左からマントルする 「トラヴァ... Read More

Leave a Comment

ジムよりも外岩クライミングが面白い理由

はじめて外岩を登ったときは 衝撃的でした。 岩ってもっとゴツゴツ、 凸凹しているものかと思ったら、 石質にもよりますが 意外とツルツルなんですよね。 どこに足を乗せて登ればいいか分からない。 乗せられそうだなと思っても 足が滑って落ちそうになる。 手も同様で、 岩の微妙な凹みに指を添えて 登らないといけない。 当たり前だけれども 自然は人間の都合なんて考えないから、 得体の知れないものを 扱っている感覚です。 一方でジムのクライミングは ルートも明確に示されているし、 人間が登れるように設定されているから 分かりやすい。 ... Read More

Leave a Comment

組織の大きさと強いビジョン

組織規模が5人とか10人のときって リーダーが 「これをやろうぜ!」 って言えば、 メンバーにその意思は 伝わりやすかったし、 仮にメンバーがよく事情を 理解していないとしても 無理やりグイグイ引っ張ることも できるのかなと思います。 しかしながら、 50人とか100人規模になると あまり直接コミュニケーションを とらないメンバーも出てくる。 人を間に挟んで意思伝達することも増えるし、 組織としてもいろいろな人を受け容れる 懐ができてきますから、 必然的にベクトルは発散しやすく なるのかなーと思います。 そう... Read More

Leave a Comment

ボルダリング149日目 ひたすらデッドムーブ

昨日は仕事帰りに3時間ほどボルダリング。 ウィークリー垂壁はコンプリート! 最近は安定的に全部落とせるようになってきた。 その後は、宿題となっている2つの課題に打ち込む。 1つは球体の紺テープ(1級~初段)の矢印課題。 デッドで飛びつくところは安定したのだけど、 その次の小さなピンチをとるところがうまくいかない。 足切れること覚悟でもうちょっと左側に跳ぶとか、 重心の扱いがポイントかな? もう1つはかれこれ1ヶ月ぐらい トライしているんじゃないかっていう 120度壁の緑テープ(3級~2級)の棒課題。 デッド... Read More

Leave a Comment

毎日おもしろい話ができるか

いま関わっている事業の戦略を 昨年の10月ぐらいに 大転換させたのですが、 その後も毎月、毎週 認識がジワジワと変わっています。 そして、最近になってまた いくつかインプットがあり、 方向性が大転換と言わないまでも 変えていかなきゃだなと 思うようなことがあります。 具体的にいえば 私は介護領域で事業をしているので、 介護事業者の特性であるとか、 介護事業の経営がどうとか、 経営支援のステップがどうとか、 そんなインプットが得られると 「??」が「!?」になり、 「!?」が「!!!!」になるような、 そんなことが連日続... Read More

Leave a Comment

The North Face Cup 2015に出ます

2015年1月10日(土)に 荻窪Pumpで開催される http://onebouldering.jp/competition-login/2906/ ※まだオフィシャルサイトがないみたいです に参加することにしました。 定員残り1名でギリギリ滑り込みセーフ。 The North Face Cupとは 全国で行われるボルダリングコンペです。 なんと、全国10会場で予選を行って、 勝ち残ったボルダーが2月に 埼玉のベースキャンプというボルダリングジムで 決勝争いをします。 コンペに出場しようと思ったのは久々です。 今年の2... Read More

Leave a Comment

2つ以上の言い方、比喩

誰かの言葉で 「物事を理解しているとは、  その物事を2つの方法で説明できること」 みたいなものがありました。 なるほど確かに、 1つの物事でも説明の仕方はたくさんあります。 1つぐらいなら 他人の受け売りで なんとか説明できるけれども、 別の言い方をしろと言われると 結構難しいのかなと。 意地悪な話ですが、 私も採用面接のときに 「本当に分かっているかな?」 ということを確認するときに、 2種類以上の説明を 求めるケースがあります。 面接のときは誰しも 何らか模範解答を用意していることが 多いのです... Read More

Leave a Comment

ボルダリング148日目 球体の1級~初段課題

昨日は仕事帰りに2時間ほどボルダリング。 時間が無かったので休まず打ち込み続けました。 この課題のセッションに1時間ぐらい費やしたかな? 球体の紺テープ(1級~初段)課題で、 昨日は4手目のデッドでかなり苦戦。 けど、10回ぐらいトライしたら安定してとれるようになった。 足を高く上げて、反動をつけながら跳ぶのがポイント。 5手目がうまくとれなくて退散してしまったけれど、 あと1日、2日打ち込み続ければ落とせそうな予感。 紺テープ4本目なるか。... Read More

Leave a Comment

自己選択と医療の満足度

AとBというクリニックがあったとして、 Aでは特にこれといった説明もなく処方箋を渡され、 医師、薬剤師の指示に従って 薬を飲んだとします。 逆に、Bではいくつか選択肢を示されたうえで 自分でチョイスして処方箋を渡されたとします。 幸いどちらにしても 病気は治り症状はおさまりました。 しかし、患者側からしてみると おそらくBの方が満足度が高いと答えるでしょう。 医療ではインフォームドコンセントが大事と 言われて久しいですが、 医師がどれだけベストな治療法を 知っていたとしても、 どういう病で、 どうしてそれらの治療法が効果的なのか... Read More

Leave a Comment

麻に連(つ)るる蓬

私が通っていた高校は東京の公立校で、 偏差値が50あるか無いかぐらいでした。 素行は良くまじめな人が多かったけれど、 勉強する人はそれほど多くない。 大学に進学しない人も 結構な割合でいたことを記憶しています。 そんな中、私は運よく自己推薦(AO入試)で 早稲田に進むことができました。 真正面から受験していたら絶対に 受かることがなかったから、 これは本当にラッキーだったと思います。 なんせ、受験には物理が必須でしたが、 私は高校で物理を学んだことが無かった。 学力云々以前に、そもそも受験すら不可能な身分だったのです。 今となって... Read More

Leave a Comment