Skip to content

月別: 2014年9月

量稽古に勝るもの無し

ボルダリングで上達が速い人の 特徴は極めてシンプル。 ・練習量が多い ・好き嫌いなく練習する この2点がもっとも重要でしょう。 たとえば、3年間週1回でジムに通っていた人と、 1年間週3回ジムに通っていた人とだと、 だいたい後者の方がうまいケースが多い。 1回につき2時間しか練習しない人と 5時間練習する人とであれば、 やはり後者のほうがうまい。 (ジムに行ってボーっとしているのはダメです) ただし、量だけでなく質ももちろん重要で、 自分が好きな課題ばかり登っている (得意なことしかやらない) という人はなかなか上手にならない。 ... Read More

Leave a Comment

わけわからん→楽しい!への転換

ボルダリングは登る課題の難易度によって グレードが細かく分けられています。 簡単なやつでは10級もありますし、 難しいのであれば5段もある。 自分のレベルに合ったものを登り 徐々に成長していく分かりやすいシステムなのです。 さて、チャレンジしている級が ある程度登れるようになると、 次の級へ進むことになります。 (たとえば普段1級を登れているなら、次は初段) しかし、グレードが1つ違うと 結構難易度も変わってきますから、 最初は 「あれ、なんか急に難しくなった」 「どうやって登ればいいか、わけがわからん」 という... Read More

Leave a Comment

ボルダリング163日目 snap gamesコンペ@アンダーグラウンド からの品ロキ

今日は朝からアンダーグラウンド@東十条にて snap gamesというコンペに参加してきました。 http://www.underground-climb.com/ 20課題を40分×2ラウンドで登るルール。 20課題中8完登で、50数名中35位という微妙な結果でしたが、 3ヶ月ぶりのコンペはめちゃくちゃおもしろかった。 ますますボルダリングへの情熱が増しそう。 結構きわどい課題も 諦めずクリアすることができたのは良かった。 実力は間違いなく上がっている。 3ヶ月前のColor of fireよりも手ごたえはあったかな。 ↓今回のコンペはボテが... Read More

Leave a Comment

良いサービスを作れば、人のモチベーションは上がる

「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」 などを運営する俺の株式会社の 坂本さんの著書 http://amzn.to/1xoqdL1 には、 「商品の価値を上げて、価格を下げることで  顧客は絶対に喜ぶ」 といったことが書かれています。 なるほど確かに、 「値段が高いほど喜ぶ」という類のものも 世の中にはあるけれども、 大方の商材について 人はコストパフォーマンスに敏感だし、 一流イタリアンやフレンチを3000円~4000円で 提供している俺のシリーズは 行列が絶えません。 「価値を高めて価格を抑える」とは、 当た... Read More

Leave a Comment

習わぬ経は読めぬ

昔、大量の本を読んでいた 時期がありました。 目標は週2,3冊、 年間で120冊ぐらいの ビジネス書を読んでいて、 そりゃもう土日も含めて 読書、読書、読書でした。 マネジメントやマーケティング、 チームビルディング、戦略論・・・ 幅広く読みこなしましたが、 そういった座学を経て たどり着いた結論は、 「いくら本を読んでも、  自分が実際に経験しなければ  読んだとおりには実行できない」 という当たり前のこと。 たとえば、これは私自身の経験ですが、 ・組織が大きくなると○○な問題が起こりますよ(組織論) ・... Read More

Leave a Comment

もうダメだと思った時が仕事のはじまり

「俺の○○」 シリーズで有名な「俺の株式会社」の 坂本さんが書かれた本 http://amzn.to/1xoqdL1 を読んでいます。 坂本さんは稲盛和夫さんを 師事しているそうで、 本書にも 「もうダメだと思ったときが仕事のはじまり」 という稲盛さんの言葉が チラホラ登場しております。 なるほど、確かに 「もうダメだ」と思ってからが 本当の仕事かもしれない。 まだ余裕があったり、 見通しが楽観的だったりしているうちは 人間は(無意識に)本気を出さないし、油断する。 逆にその油断が大きな失敗を... Read More

Leave a Comment

ボルダリング162日目 麻布SPIDERで最終調整

昨日は麻布のSPIDERで2時間ほどボルダリング。 3級、4級あたりを中心に登る。 4級はほとんどオンサイトできて、 3級は前回来たときクリアできなかったものを ポツポツとクリア。 2時間、靴もあまり脱がないで ほとんどノンストップで登り続けた。 ボルダリングなのに珍しく汗だくで 有酸素運動のような状態になった。 あと、相変わらず2級以降はグッと 難易度が高くなってクリアできない! ここ最近は外岩ばかりだったので、 週末のコンペに向けては良い調整になったかな。 ジムの感覚も忘れないようにしないと。... Read More

Leave a Comment

顧客ニーズを正しく吸い取るのは難しい

組織が大きくなればなるほど 現場の主体性が本当に大切になると思います。 なぜならば、 組織が大きくなれば必然的に マネジメント層と顧客との距離が開いてくる。 いくら現場に顔を出したところで、 顧客と接点になっている人たちに比べれば (たとえばコールセンターや営業マン) その接点量は圧倒的に少ない。 すると、顧客の正しいニーズを 読み取れなくなることがある。 組織が小さく、マネジメントも現場も 一緒になってやっていた頃のノリをそのままに 「顧客は××に困っているから  このニーズがあるよ!」 と言ってみたところで、 なかなか... Read More

Leave a Comment

見えない変化の積み重ね

昨日は御岳にクライミングに行き、 「デッド・エンド」という日本で有名な岩に (これを登れれば上級者の仲間入り的な) 取り組んでいました。 ↓ちなみに、こんな課題です。 目標は年内にこの岩を登頂すること! 必要なテクニック、フィジカルを磨くには 実際に「デッド・エンド」を登り続けるのが 1番だろうということで、 合間に休憩を挟みながらも 5時間ぐらい格闘しておりました。 正直、5時間も同じ岩を登っていると ・1回1回の登りに大きな変化がないから  (すぐには上達しないから)  退屈しそうになる、心が折れる ・同じ筋肉を... Read More

Leave a Comment

ボルダリング161日目 御岳でデッドエンド5時間(年末までには落とす)

今日は天気が良かったので御岳へ。 9時御岳着で15時40分ぐらいの電車で帰ったけど、 ただひたすらデッドエンドと向き合った。 (後半、ヨレたらイギリス人のトラバースをやったりしたけど) 個人的には忍者返しよりもデッドエンドが好きな気がしていて、 同じクラシック1級課題ならば、 ぜひとも今年中にデッドエンドを落としたいなぁと。 祝日ということもあってか、 風もあって岩のコンディションが良いからか、 クライマーがいつもよりたくさんいた。 岩の前でワイワイとセッションするのは楽しい。 ときおり、勅使河原美加の半生(1段)を落とす人がいて歓声があがった。 ... Read More

Leave a Comment