Skip to content

月別: 2015年4月

関係を築くにはまずは無償の奉仕から

良い関係を作りたいならば まずは無償の奉仕からはじめるのが良い・・・ というのは万国共通なのかなと思います。 むしろ、割とルールに緩い東南アジアでは そういう非公式な奉仕、コミュニケーションのほうが 重要性が高いかもしれません。 日本はルールに厳格ですから、 初対面だろうとなんだろうと、 一定の質を担保したコミュニケーションをしますから。 さて、無償の奉仕の有効性は 古くからマーケティングの世界でうたわれており、 返報性の原理という言葉が使われます。 たとえば、無料サンプルのプレゼントだとか、 何かを買ったら非常に丁寧な礼状が来るとか、 ... Read More

Leave a Comment

ボルダリング246日目 V4+課題を1つクリア@kinetics

昨晩はこの課題をクリア。 ガッツリ保持力を削られる課題だったけど、 なんとかスローパーの持ち替えを耐えて(ラップっぽい持ち方から順手に変える)、 デッドでガバをとることができた。 V4+なので2級ぐらいですな。 あとは写真を撮り忘れたけどオーバーハングのV4も落すことができた。 V5やV6もチャレンジしてみたけど、やっぱり相当難しい。 これから先はいばらの道になりそう。... Read More

Leave a Comment

コピーキャットは歴史を見誤る

世界的にお金の出し手が多い時代、 東南アジアでもスタートアップはブームです。 以前も書きましたが 欧米で成功したサービスを模倣した いわゆるコピーキャットが多く、 グローバリゼーションを有効に 体現しているなぁと感じます。 特に医療の分野においては 米や英を参考にした医療制度を構築している国が多く、 輸入したサービスをそのまま展開できるケースもあるため なおさらグローバリゼーション手法が人気を呼ぶのかなと思います。 (そして、そこには数億円規模のお金がドンと投下されます) しかし、コピーするときに気を付けなければならないのは、 いま非常に成... Read More

Leave a Comment

水泳とボルダリングは使う筋肉が違う

今日は一見同じだけど実は違う現象について お話ししたいと思います。 水泳とボルダリングは使う筋肉が 一見同じように見えて、実は違うのです。 と言っても、水泳もボルダリングもやらない人には さっぱりわからないような話ですが、 ・どちらも上半身主体のスポーツ ・特に肩回り、上腕や背筋の筋肉を使うし、  足先まで含めて全身も使う。 ・やっている人はどちらも共通して  逆三角形の体系になっている。  マラソンやサッカーとは明らかに違う体型。 といった感じです。 私はどちらもやっているので分かりますが、 ボルダリングで筋肉痛になったあと... Read More

Leave a Comment

クリエイティブとクレイジーは紙一重?

私は以前からアートが好きで、 昨日もSingapore Art Museumに わざわざ行ってきたぐらいなのですが、 なんで自分がアートが好きなのか いまさらになって理解できた気がしました。 かつクリエイティブとは何かということを 改めて考えさせられたのです。 さて、そのきっかけになったのは インドネシア人の女性の 「Butter dance」という作品です。 真っ黒なドレスと真っ赤なハイヒールを履いた女性が リズミカルな音楽にあわせて ひたすら真面目に(真顔で)踊る。 ただし、大量のブロックのバターの上で、 スリップを繰り返しながら・・... Read More

Leave a Comment

シンガポール探索記2日目 シンガポールアートミュージアム(シンガポール美術館)

シンガポールアートミュージアムに行ってきました。 外観は↑みたいな感じ。 現代美術のみを取り扱っており、 いわゆる近代や中世の絵画みたいなものはありません。 芸術など文化の発展があまりないと言われるシンガポールですが、 こういったものを見てクリエイティブな仕事を 志す人が増えると良いなぁと思います。 それほど大きい美術館ではないので、 だいたい1,2時間ぐらいで回れてしまいます。 本館のほうは本当に真面目な現代美術が多いので大人向けです。 近くにはカフェもあり、 歩き回って小腹が空いたときにはよい感じ。 カフェ... Read More

Leave a Comment

ボルダリング245日目 V4-V4+課題を複数撃破

2時間半ほどKineticsでボルダリング。 今回も割とコンディションが良くて V4-V4+の課題をポコポコ落とすことができた。 そろそろV5に集中、そしてV6に挑戦してみようかな。 今日1番の収穫はこのV4+課題。 3日目にしてやっと落とすことができた。 最後のダイノが曲者なのだけど、 左足もボテに置くことで跳躍力を増すことができた。 明確なグレード表記なしだけどV3+ぐらい? 3手目は身体を真横にしながらピンチをとらなければいけなくて、 ムーブは難しくないけど恐怖心は強い。 3手目のクロスでピンチをとるところのム... Read More

Leave a Comment

世の常識だけど、実は嘘なことは何か?

当然のことながら、 当たり前のことを当たり前にやっていても 新しいもの、突出したものを クリエイトすることはできません。 それは事業においても同じだし、 個人においても同じだろうと思います。 たとえば、ASEANでもいま スタートアップブームなのですが、 ほとんどのサービスはアメリカのものの コピーキャットであるといえます。 (それは日本でも同じかもしれません) コピーキャット自体は悪いことではなく、 むしろ他国でうまく行っているものを タイムマシン的に持ってくるのは 常識的かつ真面目な作戦だと思います。 想像するに、アメリカで儲か... Read More

Leave a Comment

ボルダリング245日目 収穫なし@kinetics

前回と異なり今日は収穫なし! チョークバッグも忘れてしまい、なかなかテンション上がらずでした。 ただ、いくつか課題を攻略してゴール手前まで進み、いい感じで宿題ができました。 ↑写真のものは相変わらずゴール取りのダイノができず。 そういえばkineticsには長モノがあるのだけど、 120度ぐらいの傾斜壁に設置されていて強度が高い。 薄いカチみたいに際どいホールドは無いけれど、 純粋に持久力が試されるようになっている。 トレーニングには最適。... Read More

Leave a Comment

当たり前なんてものはかくも脆いもの

私たち個人個人が持っている 「当たり前」はかくも脆いものだなぁと思います。 もしかしたら、その大事にしている当たり前は 他人からしてみたら 大したものじゃないかもしれない。 「~しなければいけない」 という思い込みが縛りになって、 自分の行動の自由を制約している 可能性があるのです。 さて、卑近な例になりますが、 昨日自宅で英会話の家庭教師をしてもらっていたところ、 カナダ人の先生が急に 「りんご食べていい?」 と(もちろん英語で)聞いてきました。 英語は聞き取れたけど意味が分からず、 「いいですよ」 と答えたので... Read More

Leave a Comment