Skip to content

月別: 2015年12月

2015年:達成したい86個のこと振り返り

投資家の内藤忍さんが 年初に100個の目標を書くことを 習慣にされているそうです。 100個も考えるのは大変だし、 達成できるのはせいぜい30%ぐらいだそうですが、 やってみると効用を感じるのだとか。 それに倣って私も2012年ごろから同じことをやってまして、 ・100個行かなくても可能な限り書き出す ・四半期に1回見返して、追加したり、必要に応じて修正する ということをやっています。 これらにかかる所要時間はせいぜい数時間程度、 感覚的にはやって損は無いなという感触です。 何が良いかといえば、 1.無理にでも100個書き出すと ... Read More

Leave a Comment

ボルダリング319日目 ロッキー品川

今回はかつてのホームジム、品ロキでボルダリング。 昨日、グラビティリサーチなんばでボロ雑巾になったので、 まぁ2時間ぐらいにしておこうと思って登ったら、 楽しくて案の定4時間もいりびたってしまった。 元気なうちは1級をトライしてたけど、 すぐにヨレてしまったので2級、3級とグレードを落としてトライ。 何個か落として、最終的には3級を触るのも辛いぐらいまで消耗した。 前回来たのは確か今年の4月。写真を撮り忘れたけど、以前よりも大きなボテを使った課題が多く、 プッシュ、ニーバー、返しなど多彩なムーブで全身を酷使した。 結構たくさんのジムを今までまわってきたけれど、 ... Read More

Leave a Comment

虻蜂取らず

「優先度を決める」って、 当たり前のことのようで当たり前でなく、 かつ実行することはそれ以上に難しいことだと思います。 優先度を決めるためには、 まず何を目的にして行動を起こすのかを 決めなければなりません。 たとえば、ECでAという商品が 売れるかどうかを確かめたいとします。 そのために必要なものは、 まずはECサイトが必要です。 次に見込み客の集客。 それで買い手がつくかつかないかが まずは分かります。 買い手がつかないのは商品が悪いかもしれないし、 商品の見せ方が悪いのかもしれないし、 集めている見込み客が悪いのかもしれない。... Read More

Leave a Comment

ボルダリング318日目 4ヶ月ぶりの日本で5時間ボルダリング

4ヶ月ぶりに日本でボルダリング。 大阪、なんばにあるグラビティリサーチなんばにて。 やっぱり日本の課題はおもしろい。 ジムは快適。17度ぐらいに温度が保たれている。 清潔だし、自販機もある。やっぱり恵まれているなぁと思う。 同じ課題をやっていた方々とセッションになって、 なんと久々に5時間もボルダリング。 逆にいえば5時間やっていても飽きなくて、もっと登りたいと思うぐらい楽しいということ。 今回は紺色テープ課題を中心に登った。 このジムでは3級扱いだけど、グレード設定が辛いようで2級ぐらいに感じた。 ただ、ちょうど1年ぐらい前に来たときは... Read More

Leave a Comment

余分を削ぎ落とす寿司の美学

昨日久々に日本で寿司を食べました。 8席カウンターしか無い、 予約必須のお店で大将の腕前はさすがのもの。 8人分を刺身包丁でサッと捌いて 握っていく姿に全員が見入っていて、 余計な会話を発することさえためらわせるようなものでした。 さて、その捌いていく姿を見ていると、 魚の切り身の端っこ、寿司にするには形が悪い、 とはえ決して小さくない部位を スパッと切り落として廃棄しているのが見えます。 普通ならもったいないなぁと思うから(原価率が上がるから) ・ある程度の品質のばらつきは覚悟でも使う ・別の料理に利用する などしそうなものですが、 ... Read More

Leave a Comment

変化の閾値

いま、日本のかなり田舎の方まで来て 観光をしているのですが、 噂には聞いていたものの ともかくアジアからの観光客が多いです。 円安効果も落ち着いてきたかと思えば そんなこともなく、 電化製品も有名なお土産もないのに 日本人比率は半分ぐらいだったのではないかな?と 思うぐらい。 そういえば、ここ1,2年で日本全体が 海外からの観光客が増えたことを受けて、 「英語を喋れる人がいないのに、なにがおもてなしだ」 「Wifiが無いのは不便でしょう」 といった論調をポツポツ見かけましたが、 驚くことに昨日訪れた場所には 両方とも整備されてい... Read More

Leave a Comment

他人の悩みの深さはわかりようもない

最近、よく小説を読み漁っています。 2組の母娘の関係を描いた 唯川恵の「啼かない鳥は空に溺れる」にしても、 戦時中に人間魚雷に乗ることになり 運命に翻弄される若者の青春を描いた 「出口のない海」にしても、 いま読んでいる芦沢央の 「悪いものが、来ませんように」にしても、 複数の登場人物の仄暗い心理描写が出てきて 当たり前なのですが 世の中にはいろいろな人間がいるんだなということを 思い知らされます。 たとえば、ある人はAという境遇を嫌っていても、 ある人はBという全く別の境遇を嫌っていて、 互いに相手の境遇を羨んでいるなんてこともある... Read More

Leave a Comment

ラーメンの味と素材の味

ラーメンというのは 複雑な食べ物だろうなぁと思います。 麺、スープ、具材、すべてが 1つの丼の中に入っており、 かつ客が好きなようにカスタマイズしたり、 替え玉のように追加注文までできてしまう。 要素分解すれば 上記のように麺、スープ、卵、海苔・・・となり、 理論上はそれぞれの味を良くすれば 足し算の要領でトータルも良くなるはずなのですが 現実はそうはなりません。 脂っこいスープには 濃い目の味のチャーシューが合うかもしれず、 上品な味よりも長いことソースに漬けた ジャンキーな味ほうが好まれるかもしれない。 もしくは、あくまでも目玉はス... Read More

Leave a Comment

ボルダリング317日目 ハングV6、垂壁V4+をクリア

年内最後のKinetics。 まずは写真のV4+(白ホールド)をサクッと2回目のトライでクリア。 グレードの割にはだいぶ簡単かな?? その後、ずいぶん長いことかけて攻略していたV6(?)もクリアできた。 スタートから通しでゴールホールドを触れられるところまではできていたので、 何回かトライしてなんとかゴールを保持。 距離がある横っ飛びランジなので成功確率が低くて苦労した。 来年来るころにはこのハング壁の課題は変わっているだろうから、 悔いが無い内容にできて良かった。... Read More

Leave a Comment

シンガポール行きを決めてから1年

シンガポール行きを決めたのは ちょうど去年の仕事納め前だったな ということを思い出しました。 去年のいまごろに話があって、 年末までに決めてくれと言われて、 「検討期間が1週間しかないな」と思いつつ、 結局のところ翌朝に返事をしたなと。 移り住んで現地企業でも仕事をして 何が大事だと思ったかでいえば、 広い意味での寛容さかなと思います。 日本で、しかも1つの企業に身を置いていると その文化に染まりきって「こうあることが正しい」 という想いが強くなります。 それはあくまで、日本のその文化における正しさにしか過ぎないのに、 「どんな場所でも正しい... Read More

Leave a Comment