Skip to content

月別: 2016年6月

医療介護における予防サービスの難しさ

社会保障費が嵩んできますと 盛んに予防について語られはじめるのですが、 医療介護における予防サービスでしっかりスケールしているものは あまり多くありません。 たとえば、糖尿病や高血圧のような生活習慣病には 1つの疾病につき数千億、もしくは1兆円を超えるような 医療費が費やされていると言われています。 仮に予防で10%を削減して(1000億円) そのうちの1%でもシェアできれば10億円みたいな マクロの妄想は誰にでもできるのですが、 実際にサービスに落としこむのは難しい。 仮に生活習慣病予防の運動、 栄養管理サービスみたいなものを立ち上げたとして、 どん... Read More

Leave a Comment

死屍累々の次に成功が花開く

物事が一発で成功する可能性は極めて低く、 1つの成功裏には死屍累々、 過去の失敗が積み上がっていると言って良いでしょう。 特に、本当の本当の新規事業は 失敗と隣合わせであるといえます。 いま、日本では厚労省の事実上解禁から、 遠隔診療に関わる事業が急激に広がっていますが、 事業の特性上、 患者を多く囲い込んだモノ勝ちでしょうし、 (=その他9割は生き残れない) もしくはまだタイミングとして早すぎるということであれば 現存するプレイヤーが全滅する可能性も捨て切れません。 ただ、未来を見据えれば 「いつかは」花開く可能性が濃厚です。 ... Read More

Leave a Comment

ボルダリング379日目 V7/8と7aをひたすら練習

今回は左腕の調子が良い!ということでV7/8にトライ。 確実に前回よりもホールドがよくつかめるようになっているけれど、 まだバルジ部分に抜けるときのピンチが掴めないでいる。 ルーフの大きな筒型のホールドを持っているとき、どうしても身体が沈み込むので距離が出るのが要因。 腕力もしくは腹筋が強い人はスタティックでバルジ部分を抜けられているが、 自分の場合はどうしてもデッドっぽい動きになってしまうのが難点。 処方箋としてはもう少し両腕を引きつけて 身体をバルジ部分のホールドに近づけるほかない気がする。 そうすると、左足をどこにスメアするかと、 両手のピンチ力がキ... Read More

Leave a Comment

限られた社会資源の中、どんな最期を迎えるかが論点となる

日本では急速に高齢化が進む一方で 財源もしくは働き手は先細っており、 社会的資源はきわめて限られてきている状態です。 その結果として 税負担もしくは介護保険、医療保険負担は 増やさざるをえないのに加えて、 さらにいえば受けられるサービスも 徐々に限られたものになっていきます。 昔であれば介護が必要な方に対しても ともかく全力で治療、延命だったものが、 近年になって「無理な延命はしない」というのが 認識として持たれるようになってきました。 介護が身近になったのに加えて、 限られた社会資源の中での現実的な最期をという、 社会の雰囲気がつくりだ... Read More

Leave a Comment

1から10を知ることと、ボルダリング

ボルダリングにおいて 筋力、柔軟、体幹といったものはもちろん大事なのですが、 そういったものはどうしても 身につけるまでに時間がかかります。 しかし、実際のところクライマーは 毎回登れば登るほど強くなる・・・ 前回は歯が立たなかったのに 今回はいいところまで進んだ、ということは往々にしてあります。 では、筋力等は身につけるの時間がかかるのに、 どうして日進月歩することができるのか? それは技術力の向上によるところが大きいでしょう。 80度の壁、90度の壁、120度の壁、160度の壁・・・ それぞれの傾斜にはそれぞれのコツがありますし、 重心移動は繊... Read More

Leave a Comment

ボルダリング378日目 左腕動かず、7bをバラす

昨日は金曜の登りの疲れが抜けきっていなくて、左腕の保持力が低下したままだった。 そのため6c+の長モノも途中で落ちる始末。 V7/8を練習しようとしたけど、左腕の保持が全然効かないのであまり手を付けなかった。 そのかわり長モノの7b(黄色テープ)を練習してなんとかバラし完了。 37手を5分割ぐらいにしてやっと終わった。 最後から2手目のムーブが結構厳しい。薄くて向きが悪いカチをもって 結構長い距離を直上しなければならない。 さんざん疲れた後半でこれはキツイだろうなぁという感触だった。... Read More

Leave a Comment

基礎トレを馬鹿にしてはいけない

ボルダリングで使う筋肉は ボルダリングで鍛えたほうが良い。 これはボルダリングが複雑な全身運動かつ、 筋肉量が増えすぎて体重が増えると 不利になることから言われているころです。 すなわち、筋トレジムに通って ウェイトをやって腕や上半身の筋肉を ガチガチに身につけたところで、 ・クライミングに使う筋肉をピンポイントでは鍛えられない ・バルクアップしたぶんだけ体重が増えてキレが無くなる ということなのです。 それならば、日々せっせと登って クライミングで使うインナーマッスルを 鍛えていったほうが良いと。 もちろん筋肉がつけば体重は増え... Read More

Leave a Comment

業界分析:日本の介護で勝つのは大手か、中小か?

先日 介護大手各社の2016年3月期決算出そろう http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/327421/061000020/?ST=health という記事が出ておりました。 2015年度は各社厳しい状態で着地したようです。 これは介護報酬の法改正の影響が大きいように思います。 日本の介護報酬制度の動き方から 今後の業界の未来を考えてみたいと思います。 ◆市場 >仕組み まず、介護は福祉サービスであり、公費および介護保険が財源となっております。 おのおの50%ずつの構成です。 公費... Read More

Leave a Comment

印象的な出来事が1つでもあれば、儲けモン

人間、日々の出来事から 様々なことを学んでおります。 が、人生において大きな転機となるのは 年に1回あるかないかの 大きな気付きであることが多いのではないでしょうか。 たとえば私は海外で数カ国にまたがるチームで働いたとき、 自分がコントロールできる範囲が想像以上に狭いことに気づきました。 ・シンガポール外のメンバーとは遠隔コミュニケーションになる ・現地の事情に通じるのには時間がかかる ・言語、特に英語以外は歯がたたない ・商習慣、文化etcの違い こうしたものがあるとこまかく現場を理解したうえで マネジメントしていくのが難しく、 どうして... Read More

Leave a Comment

ボルダリング377日目 V7/8に進展あり

今回はついにV7/8に進展あり。 垂壁部分に抜けたあとのピンチをガチッと右手でつかむことができた。 身体が振られて落ちたけど、下部の厳しいアンダー体制からピンチをつかむ動作がかなり安定したと思う。 なんだか体幹の調子が良いように感じた。 また、長もの6c+も一発で再登。そのあとの7b?も、まぁなんとか半分ぐらいまでは進んだ。 しかし、長ものが非常に辛くてあっというまに左手の保持力が消失して練習できない状態に。。 実質登れたのは1時間ほど。次回はあまり長もので遊びすぎず、V7/8に専念してみようかなと思う。... Read More

Leave a Comment