Skip to content

月別: 2017年1月

一見すると不合理だけど合理的なことは何か

Amazonなんかは自社で在庫を持っています。 あれだけの商品ラインナップを揃えつつも 自社で在庫を持つというのは EC業界からしてみれば不合理きわまりないわけです。 小売業は在庫の回転が大事ですから 仕入れたものが即売れないとキャッシュも生まれないし、 PL上もいずれは減損処理しなきゃいけないわけです。 ファッション物だとはやりもあるし、 どんな商品にも賞味期限はあります。 だから、ECは一般に売れ筋になると思われる商品を 集中して仕入れて、売り切ることを目指します。 しかし、Amazonはそれとは逆で、 大量の商品を仕入れて倉庫に保管してある... Read More

Leave a Comment

組織の生産性を高める方法

回転寿司を見てみると 店舗のオペレーション上、工夫するポイントが極めて多くて 経営が難しそうな業態だな、と思います。 利益=売上-コスト で考えたとき、 コストには原価と販売管理費があります。 原価は寿司ネタであり、 たとえばくら寿司の場合だと46%程度になっています。 飲食一般では30%ですから高い水準ですね。 販売管理費で大きいのは人件費になります。 さて、店舗1つの経営についてみてみましょう。 売上は広告宣伝や商品開発によって生み出されるものだとして、 コストについては原価と人件費が主なところです。 原価を低減するには ・原価が安... Read More

Leave a Comment

組織文化と実行の徹底度合い

いくら良いプランニングがあっても 実行が徹底されなければ 成果につながることはありません。 成果=プラン×実行 だとすれば、プランが100点でも 実行が0点なら成果は0点です。 もしも実行力が無いならば、それを前提としたプランに 落とし込まねばなりませんから。 さて、実行力とは何で定義されるかでいうと、 ・組織の能力 ・個人の能力 ・文化 の3要素ではないかと思います。 たとえば、トヨタ生産方式は トヨタが組織に蓄積してきた能力です。 それに合わせた工員の育成なりは個人能力。 そして、原価低減を徹底することは文化といえます... Read More

Leave a Comment

ボルダリング463日目:好調、4級を3本撃破@T-Wall錦糸町

今回もT-Wall錦糸町で新たに4級を3本クリアした。 ここのところ錦糸町のクライミングは調子が良い。 4級はだいぶ馴染んできた気がする。 1つ目は100度に新たに追加されていた足自由の課題。 核心はゴール前の黒スローパーかな? 持つ場所が右側なので、マッチしたときに振られないように 重心を低くすることが大切だった。 もう1つは110度の足自由。 核心は赤いスローパーからの次の1手。 まず、赤スローパーが甘くて、マッチしてもしっかりと保持している感がない。 そのため体を上げるのが難しく、ギリギリの距離で白い巨大ピンチをとりにいくしかない。... Read More

Leave a Comment

衰退市場で商売することの辛さ:BOOKOFFの事例から

かつては栄えたBOOKOFFが2年連続赤字に苦しんでいるようです。 明確な買取価格、郵送による買い取りもOKなどで リアル店舗事業を中心に成長してきましたが、 ECの台頭についていけないのが現状と思います。 >ブックオフコーポレーション、「BOOKOFF」店舗事業増収も営業赤字 http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1611/04/news119.html “ブックオフコーポレーションが11月4日に発表した 2017年3月期第2四半期(2016年4月1日~9月30日)の連結決算は、 売上高は392億7000... Read More

Leave a Comment

成長市場で商売することの良さ:エムスリーの例から

エムスリーは毎度見事な決算を発表してきますね。 https://corporate.m3.com/ir/library/ 特に決算説明資料の32ページを見ると、 毎年伸ばし続けているがゆえに 業績カーブが指数関数になっています。 こんなに素晴らしい業績を出している会社、 上場企業の中をくまなく探してもそうそうありませんからね。 毎年、売上も利益も高め続けるのってすごく難しいのです。 たとえば 売上=顧客数×単価 で考えたとき、 ある年に営業を強化して顧客数を20%伸ばしたとしましょう。 次の年も同じ方法で20%強化できるかどうかでいう... Read More

Leave a Comment

プライスと顧客数の関係

売上=顧客数×単価 で表されますけれども、 このシンプルな式には深い真理が隠されています。 たとえば、あなたは自分の商品の 適正なプライスについて考えたことがあるでしょうか? 商材にもよりますが、一般論でいえば ・単価が上がれば顧客数は減る ・単価が下がれば顧客数は増える これは直線ではなく、もう少し複雑な曲線を描くはずです。 さて、売上=顧客数×単価ということを考えれば、 どこかに売上が最大化される単価が存在するはずですね。 100万円で顧客数が1,000なら10億円の売上 200万円で顧客数が700なら14億円の売上 300万円... Read More

Leave a Comment

全然変わる、新卒採用のかたち

新・新卒採用、はじまる。 (リクルートライフスタイル) https://www.recruit-lifestyle.co.jp/recruit/students/ ついにリクルートも実質年齢制限解除で 新卒採用をはじめるようです。 加えて、卒業後2年間、 入社猶予期間を設ける(海外旅行行ったり、自由に過ごしてok)とか、 1年生から入れるインターンもあります。 こういうシステムが広がるのは良いことだと思います。 また、学生には明確にメリットがあります。 1つは、早い段階からインターンとして働けば その分アドバンテージを得られるということです。 ... Read More

Leave a Comment

ボルダリング462日目:ジワジワ系のファイル課題3級をクリア@T-Wall新橋

今回はT-Wall新橋。 ファイル課題の3級をいくつか打ち込んでみた。 ↑の写真のは3級にしては簡単な気がしたけれど、数回打ち込んでクリアしたもの。 スタートホールドにヒールをかけて、赤いボテをじりじりと保持しにいき、 クリーム色のピンチをじりじりと保持して、さらに青スローパーをガストンして、 ゴールをとるときもジワジワ動いて・・・と スタティック満載の課題だった。 核心はスローパーをガストンするところかな? クリーム色のピンチが甘いので、スローパーをガストンする位置が浅いと落ちてしまう。 ファイル課題ってたくさんあるので あれこれ目移り... Read More

Leave a Comment

昨対比、昨月比、先週比みたいな指標を使っていますか?

飲食業界や小売業界だと 既存店売上昨年対比(昨対比)みたいな指標をよく使いますね。 昨年と比べて上がった、下がった、 要因は ・営業日数 ・休暇日数 ・天気 ・災害 ・商品 ・・・です、 といったIRを見たことがある方も多いでしょう。 こういった指標が重要なのは なにもリアル店舗がある業界だけではありません。 ウェブサービスの世界も当然重要です。 たとえば、ECのある月の成績が去年より悪かったとして、 そこにどんな原因を求めるか? まずはマーケットの根底にあるパワーとして、 土日に買い物する人が多いかもしれないから曜日配置を... Read More

Leave a Comment