Skip to content

月別: 2017年10月

起業を目指す人が就職すべき会社

最近は起業を目指す学生も増えていて、 果たして1社目としてどこで働くかというのは けっこう悩むみたいですね。 確かに、どの会社にいったら 起業に役立つスキルが身につくかというのは なかなか難しいところです。 起業家の輩出が多い企業といえば、 やっぱり以前だとリクルートかなぁと思いますし、 それ以外だとサイバーエージェントなんかも多いかもしれませんね。 さて、本質的にはなにが大事な要素なのでしょうか。 1つ思うのは、起業家を生み出す風土として大事なのは、 新規事業を継続的に生み出せているかどうか、だと思うのです。 やっぱり、1つめの核となる事業... Read More

Leave a Comment

ボルダリング571日目:取りこぼしていた107度テープ3級を撃破

今回はこの取りこぼし3級を撃破。なんの変哲もないように見える課題だけれど、4手目のカチから赤スローパーをとるところと、ゴール取りが核心。特にゴール取りは、悪い赤スローパーをマッチして右斜め上にランジしてゴールをとらなければいけない。右足を突っ張っている状態なので出づらくて苦戦した。とれたときは右手1本でゴールを保持していて、右足を軸にして体が反転して左足が壁についたほどだった。なかなかスリルのある課題。 ほかにも2級課題をいくつかと、ついに1級も触りだした。おそらく他のジムでは初段、ロッキーなどの簡単めなジムでは初段-2段レベルになってくる。ついにこの領域か・・・。... Read More

Leave a Comment

人材業界はこの世の春を謳歌するけれど

人材業界、リクルート、テンプ、パソナ、エン、JACなどは どこも好業績で沸いています。 やはり景気がよくなった効果が雇用にも現れているのでしょう。 また、構造的に労働人口不足になるからというのもあります。 何はともあれ、人材紹介、派遣、求人広告、 どれをとってもよく伸びているわけです。 しかし、景気は波がありますから、 景気が悪くなれば、これらの会社の業績は絶対に落ちます。 思い出せば2008年のリーマンショックのときに 各社の業績は危機的な水準にまで落ち込んだのです。 そこからじわりじわりと上がってきたわけだけれど、 またいつ落ちるか分からない。... Read More

Leave a Comment

やりたいことがあれば、結果を出せばいい

サイバーエージェントグループでは 一時期(いまも?)、新卒をグループ会社社長に抜擢する、 みたいなことをやっていました。 新卒を引きつける取り組みとしては とてもうまいなぁと思うのですが、 その裏には普通に配属された新卒が多数いるということも 忘れてはいけないと思います。 なにが言いたいかといえば、 新卒一年目で「100%希望通りの仕事」を得られることは、 なかなか無いんじゃないかなぁということです。 多くの人は、あまり選択権なく 配属を決められているのではないかなと。 会社によっては、はじめは絶対に営業から、ということもありますしね。 もちろ... Read More

Leave a Comment

ボルダリング570日目:102度のテープ2級をクリア(動画あり)

ここのところフィジカルが強化されたなぁと感じる。今回は102度のテープ課題2級をクリア。この壁ができたころ(春ぐらい?)には刃が立たなかったけれど、今日は意外とあっさりクリアできた。 この課題は足自由。ちょっと変わっていて、1手目がクロスの右手取りになる。後半の甘いスローパーが悪いので、ヒールフックを使いながら登っていく。ゴールはクロスではなく、左手プッシュ、右足ヒールフック乗り込みでいけた。ムーブが仕上がると簡単に感じるかもしれない。股関節が柔らかいと有利だと思う。 ... Read More

Leave a Comment

新卒時代にどこで働くか

新卒のときにどこで働くのがいいか、 難しいテーマだなぁと思います。 なにが難しいって、 新卒側としてはキャリアをどう設計していくか プランが定まらない中で決めるということと、 仮にプランがあったとしても どこの会社を選択すべきかが読めないということですね。 この辺は、少し社会人経験を積んでみると見えてくるのですが。 考慮したほうがいいことの1つは、 ちゃんと市場価値がつくかどうか、ということでしょう。 (あくまで一般論ですが) たとえば、終身雇用を前提とした伝統企業は 地力をつけることにインセンティブがありませんので、 転職には不向きだと思います。... Read More

Leave a Comment

事業の絞りと集中投資

経営のセオリーとしては たくさんある事業候補の中で しっかりと伸びるところにリソースを集中して、 かつ1つの事業だと成長曲線が飽和するので、 その前に次の事業の種まきをして・・・ということを 繰り返すことにあります。 しかし、ここで判断が難しいのが、 果たしてどの事業候補にリソースを投下するかということです。 教科書的にいえば、リーンで動かしてみて伸びる気配があれば 一気に投資しようということになるでしょう。 よって、たとえば定例の報告会かなにかで 売上が出始めている事業に対して人を補填していき、 もっと勢いをつけようという風になる。 ... Read More

Leave a Comment

ボルダリング569日目:難しかったスラブのマンスリー3級をクリア

今回は残っていたスラブのマンスリー3級をクリア。 この課題はすべてのホールドが悪い。1手目をとるときの右足は薄板で左足はスメアになる。ハンドホールドは非常に甘いスローパーで、ギリギリで保持しながら上がっていく感覚。ただ、核心である1手目がとれれば、あとは回数重ねればクリアできるかな。 そのほかにも102度のテープ2級をやってみたが、こちらはあまり進捗がなかった。... Read More

Leave a Comment

いさぎよい撤退基準

昨日、ある上場企業の方とお話していて、新規事業のお話になりました。 その会社は新規事業を割りと短期間でつくっているのですが、 一方で辞めるときはスパッと辞める傾向にあります。 どうやら、売上が伸びる見込みがないと 半年で打ち切りになっちゃうのだとか。 なかなか厳しいなぁと思うのですが、 ・既存プラットフォームを活用した派生事業 ・リソース、投資余力が限られる ・急いでいる この条件下では、合理的判断なのかなとも思います。 既存事業の派生でつくられる事業であれば、 たとえばユーザか顧客企業を共通で使えるケースが多い。 人材派遣会社が人材... Read More

Leave a Comment

アイデアは日常を離れたほうが出てくる

オフィスの机というのは アイデアを出すには最悪の場所と言っても いいかもしれないですね。 なぜかといえば、オフィスや机というのは ・オフィスにいれば誰かに話しかけられる ・机にむかうと目の前の仕事をしたくなる ・PCがある ・電話がある ・情報のインプット、アウトプットが内向き ・イノベーティブというよりは、既存の延長になりやすい ・発散より収束 ・・・ というような環境だからです。 実際のところ、特に目の前にPCがあるというのは 本当に良くないなぁと思いますね。 PCがあると、作業に没頭したくなるし、 分析は過去のものごとの延長... Read More

Leave a Comment