Skip to content

月別: 2018年11月

アプリ連携・オートメーションのZapierを使ってみた

最近、RPAが自分の中でブームなのですが、RPAとは別にアプリ同士を連携してワークフローをまわせるサービスであるZapierもいじってみました。 類似サービスにIFTTTとintegromatもありますが、IFTTTはプライベート向き、integromatはより細かな分岐条件などを選べるようです。場合によってはintegromatも導入して見る予定です。 さて、具体的にどう活用しているかでいうと、たとえばウェブサイトのフォームからユーザ登録があった場合、その情報をCRMなどに転記する必要があります。 MAツールやセールスフォースだとこのあたりが自動転記される場合もあるのですが... Read More

Leave a Comment

ボルダリング733日目:130度2級7番 完登@T-Wall新橋

今回も2時間みっちりボルダリング。 アップを終えて宿題だった130度2級7番を登ったら、その日の一発目で落とせてしまった。なので動画は無し。。 前回までで下部は徹底的に自動化できていたので、フレッシュな状態で挑んだのが良かった。核心はゴール前のカチとりで、その手前のピンチが非常に悪いのが要因になっている。 もう1つの宿題、2級のJは核心で躓いたままでクリアできず。ただ、これも次回には落とせそうな気配だった。... Read More

Leave a Comment

ウクライナやポーランドはIT一点張り

今日聞いたお話で、日本ではあまり馴染みがないですが、ウクライナやポーランドは自国内の産業がないので ITエンジニアのオフショアで外貨を稼ぐモデルを国を挙げて推し進めているようですね。 国の優秀な方はエンジニアを目指すようになっており、欧米からの受注を通じてかなり鍛えられているようです。ベトナムとかよりも十分にクオリティは高いのだとか。 コストも日本のエンジニアよりはある程度は安く、かつ技術力も高いようですね。 このIT一点張りの戦略は国内産業を育てられなかった弱者の戦略ではありますが、現代においては十分にワークしていますね。国境もこえやすい。 一方で日本は国内産業... Read More

Leave a Comment

世の中の不可逆変化と求められるものの変化

個人的には未来予測が苦手というかやり方がまったくわからないので興味がないのですが、 それでも世の中の不可逆的な変化には注目しています。 不可逆的な変化は、その名の通りもうもとに戻らない変化のことです。 時間軸まではわからないけれど、「遅かれ早かれ」という現象のことです。 タイミングはめちゃくちゃ大事なのですが、事業的にはその不可逆的変化がいい感じのしきい値に達するときに 動き出すとグッと伸ばすことができます。早すぎるとジリジリの戦いを迫られますし、遅ければ負けます。 さて、不可逆変化の例ですが、 ・フリーランス これは不可逆ですね。昔から増える増えると言... Read More

Leave a Comment

ボルダリング732日目:130度2級が終わらない@T-Wall新橋

こちらは130度2級の7番。足自由課題。 核心はゴール前のカチ取りで、もう下部は完璧に自動化されているのに、なかなか攻めきれない。 130度2級のJも抜けられない1手があり、あと一歩で落とせるのになぁというモヤモヤが残ります。 最近、仕事の合間に1,2時間ボルダリングしてみているのですが、 ・お尻が決まっているので集中できる ・ボルダリング後の仕事はけっこう捗る ・空いている時間に登れるのは良い、効率的 ということで、けっこういいです。 常連さんと会えないのがちょい寂しいですが、夜に3時間ダラダラと登るよりも良いかもしれないですね。 しょっちゅうで... Read More

Leave a Comment

Chromebook+Ankerのモバイルバッテリーでリモートワークは完璧

今回は超陳腐な内容ですが、最近会社でChromebookを標準PCにしました。 充電がほぼ1日もつのでリモートワークするうえでPCの電源見つからない問題はほぼ解消。 しかし、次はテザリングなどをするとスマホの電池が切れる問題が起こりました。 それならばAnkerのモバイルバッテリーも支給品にしようということで、取り入れた次第です。 結果として、電源がなくてもWi-Fiがなくてもカフェで仕事できるようになりましたね。 いままでこうしたファシリティを探すのがかなり苦痛だったし、リモートワークのために設備があるカフェを探すのは馬鹿馬鹿しいと思っていたのですが、 これによっ... Read More

Leave a Comment

仕事とそれ以外を分けることの無意味さ

今日、二児の育児をされているワーキングマザーの方とお話をしたのですが、その方は仕事とそれ以外をわけて捉えていないということをおっしゃっていました。 育児だけを切り離して特別なものだという捉え方はしておらず、育児も仕事みたいなものだと。 もう少し抽象的には、仕事の経験は育児に活きるし、育児の経験は仕事に活きる。そういう点でも、切り離されたものではなくて連続的なものだろうということでした。 確かに、私自身もボルダリングと仕事を完全に切り離して考えることは難しいと思っています。 別にボルダリングの技術がダイレクトに仕事に活きるとは思っていませんが、ボルダリングをすることで体調を整... Read More

Leave a Comment

ボルダリング731日目:130度 2級 J @T-Wall新橋

瑞牆の疲れが若干残っており、いまいち体の動きが冴えないな〜ということで、 以前から打ち込んでいた課題はいったんおいて、別の課題にチャレンジ。 結果としては残念ながら核心を超えることができなかった。リップ際のホールドは大きいけれど、かなり甘い。 デッド気味にとりにいくと指が滑ってしまうので、もう少しスタティックにいくか飛距離を出して余裕を持ってつかむかしないとダメそうだなと思った。 中盤のムーブがちょっと特殊でけっこう疲れるけど、リズムよくやればいけそうな課題。あと、動画は切れていますが序盤がちょっと悪いですね。... Read More

Leave a Comment

メルカリ 希代のスタートアップ、野心と焦りと挑戦の5年間

週末にパパっと読み終えました。ページ数があまり多くないので、すぐに読み終えられると思います。 所感 ・創業者の山田さんのウノウ時代から現在に至るまで、丁寧に取材されているなぁという印象でした ・アメリカ進出の挑戦や先行者だったフリルを逆転したエピソードなどは興味深いですね ・やっぱり、はじめから大きなスケールで事業を考えていくと、(実行力がともなえば)現実がそこについていくのだなぁと思わせる内容でした ・あれだけ派手に資金調達していた理由も納得 ・一方で読み物としては、破天荒フェニックスのようなハラハラ感はなく、比較すると順風満帆に見えるかもしれない... Read More

Leave a Comment

主体性を発揮させるのは人の資質か環境か

リーダーシップがとれるだけで、人材としての価値は高いのでは? という記事をこないだ書いたのですが、 心理的安全性×チームに摩擦を起こす このときのインプットがあって考え方がだいぶ変わりました。 結論としては、人が主体性を発揮するためにはその人自身のリーダーシップもあるけれど、環境要素もかなり大きいだろうということがわかったのです。 仮にめちゃくちゃリーダーシップが強い人が集まったとして、強烈なヒエラルキーのもと、失敗をすれば詰められ、意見すればつぶされ・・・ という環境にいたらその人たちは萎縮するし、そのうち辞めちゃいますよね。能力は発揮されないまま終わる。 ... Read More

Leave a Comment