Skip to content

月別: 2018年12月

2018年のブログや仕事

ブログを書くことと仕事はダイレクトにつながっているので、まとめて振り返ります。 ◆ブログのこと 今年はだいたい520記事ぐらい書いたようです。ほぼ毎日のブログ365記事+ボルダリング関連150記事だから、まぁそんなもんか? 毎年500記事強を書くことは、もはや自分にとっては呼吸をするのと同じようなものです。 「あんまりネタがないなぁ」というときでも、とりあえず書けちゃいますね。クオリティはともかくとして。 ただ、これは感覚的な話ですが、今年はちょっとクオリティが低かったかなぁと思います。 メルマガをやめてブログに移行したからとか、スマホからの投稿が増えたとか、いろい... Read More

Leave a Comment

2018年のボルダリング

↑ボルダリングアカウントを開設しました。 昔もあったんだけど、乗っ取られて廃止してしまい・・・せっかくなのでこの機会に復活。 2018年もたくさん登りました。そして、確実に強くなったなぁと思った1年でしたね。 一時期は伸び悩んだけれども、2018年はしっかり1グレードぐらいは上げられたんじゃないかなぁと思います。 総括してみると、 ◆2018年は147回ボルダリングをした これは正直なところ、思っていたより少なかったです。 最近は時間さえあれば隔日で登っているので、365日あれば180日ぐらい登っているんじゃないかと思っていた。 年間150日... Read More

Leave a Comment

2018年 一番おもしろかった本

起業してからというもの、すきま時間もスマホでパパっと仕事をしてしまう癖がつき、すっかりと読書時間が減ってしまいました。 こりゃいかんなぁと思いつつ、2019年からはKindle筐体とスマホのKindleアプリの二刀流(+アレクサの音声読み上げ)を駆使して読書量を戻していきたいなぁと思います。 一時期は年間で120冊ぐらい読んでいたこともあったので、集中すればそれぐらいはこなせるはず。量に意味があるわけではないけれど。 さて、そんな中でも、2018年に読んで一番おもしろかった本はこの本だと思います。 SNSでもずいぶんと話題になったので読んだことがある人、聞いたことが... Read More

Leave a Comment

ボルダリング749日目:クライミングジムPOCKETで登り納め→クライマーズ忘年会

昨日はT-Wall新橋の常連メンバーで、武蔵小杉、中原にあるクライミングジムPOCKETで登り納め。 そこはT-Wall新橋じゃないのかよ、って話なんですが、そのあとにある忘年会をメンバーのご自宅で開催するため、 その方の家の近くのPOCKETが選ばれたのでした。 POCKETはその名前に反して大きなホールド、ピンチやおさえこみが主体の課題構成という印象。 緩傾斜が多いけれど、1つ大きなバルジがありまして、猛者はここで鍛えるんだろうなぁと思った。 スラブも1級ぐらいまでしっかりと課題があり、全傾斜で初心者からベテランが頼めします。 雰囲気は、調布のウエストロックに近... Read More

Leave a Comment

個人の自由を保証するものはなにか

人間、身動きがとれない、選択肢がない、自由がないというときには不幸を感じるのかなぁと思います。 では、個人の自由を保証するものがいったい何なのか、ということについて考えると、いくつか大事な要素がありそうです。 こうした要素をいかに満たしていくかということが、人生計画では大事かなと思います。 ■人生の制約 一般に人生の制約はお金とお時間だと言われます。 これに加えて、健康というファクターもあると思います。 1) 経済的な自由度 必要なお金の多寡の尺度は人によって異なりますが、一定の経済的な自由度は重要です。 たとえば経済的な余裕がないと、 「興味ある仕事だが... Read More

Leave a Comment

ボルダリング748日目:107度1級Bを落としそこねる@T-Wall新橋

今回もバラしは成功したけれどつなげられず。 一般的には後半が核心のようだけど、私はダイナミックムーブが苦手なので前半のデッドによる青ピンチ取りがダメだった。 2,3時間ぐらい打ち込んでみてやっとコツをつかむことができたけど、そのころにはスタミナが切れて終了。 コツは、 ・左足は黒ボテの手前側を踏むこと、そうすると跳んだあとに壁側に体をくっつけやすい ・体を右側に倒す感覚で、左手出しが距離がでるようにすること という感じ。 さて、年末年始は御岳にいってもいいかなぁと思ったけれど、思っていた以上に寒いのでどうしたものか。 普通に都内でも午前中は5度ぐらい... Read More

Leave a Comment

企業としての永続性を担保するもの

Amazonのプライムリーディングで無料で読めるということだったので、↑のKindle本を注文してみました。 Amazonっていろんな特典があるのだけど、だんだんとなにがなんだかわからず、使わずに放置しているサービスもいくつかあってもったいないな・・ さて、それはともかくとして、 この本の冒頭には西洋医学と東洋医学の違いについて語られています。 ■西洋医学と東洋医学の違いとは? 西洋医学は恒常性を重視する。 すなわち、たとえば体の各計測数値が正常の範囲内であるかいなかをモニタリングし、 もし異常があれば治療していこうというアプローチです。 東... Read More

Leave a Comment

極端な投資生活からの脱出

自分の正確には極端なところがあって、割りと冷静で合理的だという自負があるのですが、 リスクテイクの感覚がバグっているのか、突っ込むときはぐっと突っ込んでしまいがちです。 2017年の7月に起業したとき、節税のためもあって ・資本金は最小限 ・そのかわり給与は出さない(所得税、社保をもってかれるので) ・定期収入をえるなら副業の個人事業主のほうで という方針でしばらくは生きていこうと決めました。 幸い、一定の蓄えはあったので、事業がしばらく伸びなくとも大丈夫だろうというわけです。 しかし、2017年は2016年の後半から続く非常に好調な株式相場でして、特に中小... Read More

Leave a Comment

ボルダリング747日目:107度1級Bを練習@T-Wall新橋

107度の1級のBがバラせた! これは後半部分の動画。右手で半円状のピンチをプッシュして左手を飛ばす珍しいムーブ。 右手をしっかりと伸ばしきらないといけない。どのあたりに右手を置くかが肝かなぁという気がした。 前半は小さなカチから体をひねりながらのデッドで半円ピンチをとりにいくのだけど、 そのムーブが苦手でうまくつなげられなかった。 真上じゃなくてクロス気味に、ひねりながらデッドで取るムーブはどの課題でも苦手。練習しないとダメだなぁ。... Read More

Leave a Comment

本当にフェアに評価するなら、結果で評価するほかない

知識労働者においては同じ時間働いても生み出すアウトプットに数倍、数十倍の差が出ることはよくあります。 そのために知識労働者は日々、さまざまなことをインプットして学び、 アウトプットの質を高めることに専念しているのです。 これはスポーツ選手でいえばトレーニングや練習をしているのと似たようなものです。 プロと素人では数字では表しきれないような差が生まれます。 そしてスポーツという部隊で稼ぐならば、素人は一円も稼げないけれど プロなら数億や数十億という金額を稼げるようになります。 そうしたことを考えていくと、時間やら職種ごとの等級で評価するよりも しっかり生み出し... Read More

Leave a Comment