Skip to content

月別: 2019年4月

投資・企業分析:Alteryx(AYX)について

Alteryxはデータアナリスト、データサイエンティスト向けのプロダクトを提供する企業です。 従来は、こうしたデータ分析の作業というのは 企業内のさまざまなデータソース(PL、SFA、CRM、各種のExcelやマーケットデータ…etc)をかき集め、 余計なデータを除外したり準備をして、統合してからやっと分析という手順でした。 データの専門家の業務時間の80%がデータ分析の前準備に費やされており、 生産性が低かったのです。 Alteryxはこうした手間をなくすためのプロダクトです。 多種多様なデータソースからデータをひっぱり、 drag-and-dropでワークフロー... Read More

2 Comments

海外SaaSの浸透具合から見る、いまだに分厚い言語の壁

最近、米国株への投資をはじめています。 市場での評価が高く、グローバル展開をしているSaaSでも、 日本では知名度がないようなものもけっこうたくさんあるなぁという印象です。 たとえば、OktaなんかはSaaSのID管理セキュリティ管理ツールとして きわめて合理的なプロダクトだと思うのですが、 日本産のSaaSに対応していないがために使われていません。 Shopify、Wix.comなどは一部ローカライズも進んでいるものの、 日本産の類似プロダクトのほうが人気があるのかなという印象です。 こうしたことを見ると、まだまだ言語の壁というのは分厚いのだなと思います。 ... Read More

Leave a Comment

投資・企業分析:Wix.com (WIX)について

Wix.comは2006年にイスラエル設立された easy-to-useでcloud-baseなウェブサイト制作サービスです。 ユーザはコーディング無し、デザインの知識無しで PC/モバイル双方にフレンドリーなサイトを制作することができます。 また、様々な機能を付け加えることで EC、レストランやホテルのブッキング、ブログ、フォトや音楽の配信など 多種多様な用途に対応させることができます。 現在、約1.42億人のユーザーが利用しており、400万人のプレミアムサブスクリプションユーザーが存在します。 ■プロダクトについて Wix.comは前述のとおり、eas... Read More

1 Comment

ボルダリング801日目:20回ぐらい打ち込んだ102度2級

View this post on Instagram 102度の足自由2級。一手目はヒールで取れてしまった。 V4 problem on the 102° wall (any feet) #bouldering #climbing #ボルダリング Yoshihiro Mashiyamaさん(@mashi_climbing)がシェアした投稿 – 2019年 4月月27日午前2時16分PDT 新しくなった102度壁の足自由2級をクリア。 これで残りは2級1本、1級1本です。 1手目がヒールフックで取れてしまったのはラッキーでした... Read More

Leave a Comment

投資日記(16回目)/米国株を広げていきます

年始からはじめた投資日記、毎週1回ずつ書いております。 自分の投資に対する考え方をメモし続けることで、あとで客観的に良い悪いを振り返ることが目的です。 ◆投資目標 ・資産額5年で5倍 →ハイリターン志向 ・単にリスクをとるのではなく、個別企業の研究を通じて成功確率を高める ◆投資スタンス ・日本の小型グロース株の順張り、投資対象は5銘柄以内、時価総額500億円以内、時価総額の2倍3倍の成長が確信できるもの ・米国のハイテクグロース株への順張り ・分野は勘所があるSaaS、人材、ネットメディアなどIT中心 ◆保有銘柄の動向 ・サイボウズ(BtoB SaaS、グ... Read More

Leave a Comment

ボルダリング800日目:130度3級×3本、102度3級×2本

View this post on Instagram ウィークリーセッション課題 weekly session problem on the 130° wall #ボルダリング #bouldering #climbing Yoshihiro Mashiyamaさん(@mashi_climbing)がシェアした投稿 – 2019年 4月月25日午前6時28分PDT View this post on Instagram セッション課題もう一本。3級ぐらい。 1〜2級は鬼のように難しく敗退… t... Read More

Leave a Comment

「ニーズはあるが儲からない」とは

よくベンチャーや事業開発において 「ニーズはあるけれど、なかなか儲からないんだよね」 という話がありますが、その手の話には注意が必要だなぁと思います。 このセリフはあたかも良いサービスを提供しているけれども (何か特殊な事情があり)儲からないのだ、という風に聞こえますが、 そもそも本当に価値があるものを提供しているのかどうかを検証すべきですね。 そもそも、儲からないとはどういう状況か。 儲からない = 利益が出ない = 売上とコストのバランスが悪い という状況です。 これを因数分解してみると ■売上が低い 1)提供価値が低い 実際のところ、多... Read More

Leave a Comment

エムスリーの決算で注目したところ

医療ITの王者と化しているエムスリー、 着実に増収増益をかさね、さらには海外にもビジネスモデルを輸出して成功しています。 FY18決算 さて、細かな数字や事業進捗は↑の資料に譲るとして、 個人的に「お!」と思った点を3つほど。 ■治験君(エビデンスソリューション) 陰に隠れがちなエビデンスソリューションですが、 治験期間の短縮に寄与している実績が出たのは凄いなと思います。 m3.comの会員基盤を用いて治験ができる病院/医師をつのることで 症例数を迅速に確保するという内容という認識です。 治験期間が短いということは、 研究開発にかかるコ... Read More

Leave a Comment

経験者採用か、ポテンシャル採用かという議論

いろいろな会社の採用活動に携わっていると、 採用要件の高低 vs 母集団形成の難易度 に悩まされている採用担当は多いなと感じています。 もちろん能力なりマインドは高いほうが良いのですが、 あまりに高望みするといつまで経っても採用できない。 とはいえ妥協する気にもなれない。 そうしている間に採用できないまま何ヶ月も経過する、 ということが往々にしてあるなと。 一部の専門職については経験者であることは外せないと思うのですが、 実際のところはほとんどの採用ポジションについては 未経験でもベースとなる能力があればキャッチアップは可能なのではないかと思われます。 ... Read More

Leave a Comment

ベンチャー分析:建設職人シェアの助太刀

建設職人シェアの助太刀が工機ホールディングスとJA三井リースから資金調達 事業会社からの調達&事業提携ですね。 工機ホールディングス(旧:日立工機)は珍しいラインナップです。 ■市場の前提 さて、こうした建設や工事の職人の市場ですが、以下のような背景があります。 ・小さな工務店やフリーの職人が多く、会社に所属している人は少ない ・親方(棟梁)が人脈でゆるい集団を形成している ・建設会社は親方に工事を発注、必要な人員がアサインされ、親方が仲介料を得る仕組みだった ・昨今の人材不足により親方だけではどうにもならず、こうしたウェブネットワークから人を募る仕組みがハマっ... Read More

Leave a Comment