Skip to content

月別: 2019年8月

投資日記(34回目)/一進一退

年始からはじめた投資日記、毎週1回ずつ書いております。 自分の投資に対する考え方をメモし続けることで、あとで客観的に良い悪いを振り返ることが目的です。 ◆投資目標 ・資産額5年で5倍 →ハイリターン志向 ・単にリスクをとるのではなく、個別企業の研究を通じて成功確率を高める ◆投資スタンス ・米国のハイテクグロース株への順張り ・分野は勘所があるSaaS、人材、ネットメディアなどIT中心 ※日本株は撤退 ◆保有銘柄の動向 パフォーマンス(先週比) ・Alteryx(ビッグデータ分析支援):+2.5% ・Twilio(TEL/SMS/Mailなどコミュニケー... Read More

Leave a Comment

決算斜め読み:Okta(okta) 2020-2Q

今回はIDaaSで最大手のOktaについて書きます。 Oktaは日本展開はまだまだの状態ですが英語圏では大きく伸びており 米ハイテク小型株の中でも代表的な成長株になっています。 ○結論 買い ・直近で株価は下がっていますが引き続き力強い成長であり買い ・特に年契約100,000ドル以上の大型顧客が増えており、良い傾向と思われます ○決算 Okta 2020-2Q決算 ・売上140.5M (Y/Y+49% Q/Q+12%)  ・サブスク売上132.5M (Y/Y+51%) ・EPS-0.05 3Qガイダンス ・売上143M〜144M (Y/Y+3... Read More

2 Comments

予定調和な人生ほど辛いものは無い

最近はどうかわかりませんが、 一時期はスターバックスのアルバイトは猛烈に人気でした。 控えめに言っても時給は高くないし、覚えることは多いだろうし、気も遣うだろうし、 楽を追求すれば他のバイトもあるのでは?と思うのですが、 勉強になる、成長できる、そして対外的な印象もよくて選ぶ人が多いようでした。 しかし、人気の理由にはもう1つ重要な要因があると思います。 それは変化に富んでいる、変化に富むことができるということです。 スターバックスにおける接客はカスタマイズの余地があります。 また、以前は客もそうした対応への期待値がありました。 挨拶や声掛けにかかわらず、カッ... Read More

Leave a Comment

チームラボ個展:永遠の海に浮かぶ無常の花

チームラボが金沢21世紀美術館で開催している 永遠の海に浮かぶ無常の花を見てきました。 お盆期間からスタートした展示は 3日目で1万人突破 金沢21美で開催の「チームラボ展」 と途轍もない混雑であり並ぶことを覚悟しましたが、 8月後半の平日ということもあり待ち時間なしで入場できました。 むしろ常設展示のほうが並んでいる人数が多くて驚き。 海外からの観光客も増えたからでしょうか?昔はもうちょっとすんなり入れた気がするけど。 現代アートが好きとか言いつつも 実はチームラボの展示を見に行くのは初めてでした。 写真撮影はOKで、Insta... Read More

Leave a Comment

ボルダリング851日目〜854日目:垂壁リニューアル、130度、多面セッション

この投稿をInstagramで見る 久々の垂壁はかなり辛く感じた。4級にも苦戦。傾斜ばかりやってて下手になったかも? #ボルダリング #bouldering #climbing #twall Yoshihiro Mashiyamaさん(@mashi_climbing)がシェアした投稿 – 2019年 8月月20日午前7時13分PDT 垂壁がリニューアル。 グレードが1段階ぐらいあがって4級でも辛い。 あと、最近は傾斜壁ばかりやっていたせいで自分自身の垂壁(及びスラブ)の能力も落ちたなぁと思う。 小さなカチとか握れないんですよ... Read More

Leave a Comment

決算斜め読み:Welby(4438) 2019/12期 2Q

今回はPHRやD2Cの医療啓発アプリのWelbyについて書こうと思います。 医療×ITといえばエムスリーですが、製薬メーカーも医師に対するマーケティングだけでなく 患者に対するマーケティングも行いたいわけですね。 ただ、広告規制がありますからD2Cの手法としては疾患啓発になります。 正しい治療法を理解して該当の新薬を使い続けてもらうことが目的です。 ○結論 様子見〜売り ・採用の進捗遅れは来期以降の売上の伸びに直結しそうなので短期的には弱気です ・一方でエムスリーをみてわかるように製薬企業のマーケ予算は莫大ですから、長期的には伸びることは間違いないように思います... Read More

Leave a Comment

ベンチャーにおける経営者の業務への関わり方について

よく「経営者の仕事は意思決定」と言われますが、 この言葉はかなり抽象的で人によって捉え方が変わると思います。 また、(特にベンチャーでは)額面通りに受け取って 意思決定および抽象的な業務(ミッション、ビジョン、戦略策定…)ばかりを経営者がやっていると、 多くの場合は会社は潰れちゃうんじゃないでしょうか。 もちろん、経営者のプレイヤーとしての技量やマネジメントスタイルにもよるのですが、 抽象的な業務だけやって現場はよろしくという気楽なスタンスは、ちょっと無理がありますね。 実際のところ、会社がけっこうな規模になるまでは 経営者または経営陣がハンズオンで現場業務に関わっ... Read More

Leave a Comment

投資日記(33回目)/Zscaler(ZS)がやられる?

年始からはじめた投資日記、毎週1回ずつ書いております。 自分の投資に対する考え方をメモし続けることで、あとで客観的に良い悪いを振り返ることが目的です。 ◆投資目標 ・資産額5年で5倍 →ハイリターン志向 ・単にリスクをとるのではなく、個別企業の研究を通じて成功確率を高める ◆投資スタンス ・米国のハイテクグロース株への順張り ・分野は勘所があるSaaS、人材、ネットメディアなどIT中心 ※日本株は撤退 ◆保有銘柄の動向 パフォーマンス(先週比) ・Alteryx(ビッグデータ分析支援):+3.9% ・Twilio(TEL/SMS/Mailなどコミュニケー... Read More

Leave a Comment

投資・企業分析:ギグエコノミーのFivver(FVRR)

今回は最近上場したFivverについて書いてみようと思います。 Fivverはフリーランスへ仕事を依頼できるマーケットプレイスです。 日本で近いサービスはUX的にはココナラだと思います。 クラウドワークスやランサーズも仕組みはだいたい一緒ですね。 同社のコンセプトはこの1枚のスライドに集約されていますね。 フリーランス、ノマド、過程ではなく結果評価、グローバル、デジタル、… といった働き方により 仕事がどんどんオンライン化していく。 フリーランスの労働はまだまだオフラインだから拡大余地があるよね、というのが同社のストーリーです。 確かに今後拡がってい... Read More

1 Comment

大事なのは客観的事実ではなく、ユーザの視点をジャックすること

夏休みも終盤、子供が全力で遊ぶ時期ですね。 子供のころを思い返してみれば、ちょっとした公園や庭もとても輝いて見えたなあと思います。 ガラクタのようなものもお宝(ゲームでいえばアイテム)に見えたりして、 子供の想像力というのは本当に豊かですよね。 大人からみればガラクタ。子供からみればお宝。 大人、特にビジネスをやっている人は客観的な事実を大事にするから 「ガラクタはとにかくガラクタである」と定義したがります。 でも、子供にとっては宝であることが事実なんですよね。 私たちのビジネスというのは、ある意味ではこの特別な認識(大人にとってのガラクタ、子供にとって... Read More

Leave a Comment