Skip to content

医療と自由経済は相性が悪い、という話

医療政策集中講義: 医療を動かす戦略と実践

アメリカは医療費は飛び抜けて高いです。

1人あたりの医療費は日本の2.5倍、
だけれども寿命や乳児死亡率が
日本より優れているかでいうとそういうわけではありません。


アメリカは日本と違い、
もともと強い公的保険の仕組みがありませんでした。
(オバマケアで風潮は変わりつつありますが)

国民は任意で民間保険に加入もしくは
企業が福利厚生で用意している保険に加入します。

アメリカの医療サービスは値段設定が自由です。
同じ治療でも医師Aと医師Bが提供するのでは値段に数倍の差が出ることもあるし、
病院が違えば入院費や検査費も異なります。

これは、自由経済のもとであれば
競争が働き公的に管理するよりも
医療費が下がるだろうと予測してのシステムでしたが、
結果は予想に反して世界一医療費が高い国となってしまいました。

医療という情報の非対称性が高く、
良し悪しの判断が難しく、緊急性がともない、
保険でカバーされる場合は被保険者の財布が傷まないという環境においては
医療者側が高い金額をチャージしがちになる、もしくは過剰医療が
提供されがちになるというのが結論です。

※このあたりの理由は、津川氏のブログに非常に詳しく書かれています。
なぜ医療に市場原理は通用しないのか?
なぜ医療に市場原理は通用しないのか?


そうすると、医療の値段設定や供給量は
イギリスや日本のように国が管理していくことが
望ましいということになってきます。

たとえば理想的には一定の統計にもとづいて
各疾病に対して効果が最大化する治療法が提供されるのを竹プランとし、
過剰でも良いからたくさん治療を受けたいった場合は松プラン、
効果は最大でなくても安いものが良ければ梅プラン・・・

といった具合に価格、医療サービス供給量ともに
整理されれば最適化されるかもしれません。


しかし、現実として難しいのは、

・医療の効果とは何か?余命?QOL?患者の安心?

・自由競争の入り込む余地がなくなり、
 ひたすら費用対効果を重視する管理支給制になれば、
 たとえば製薬会社などが新薬を生み出すインセンティブが減る。

・売上上限が決まっていれば
 利益創出のためにコスト削減側に目が行き、
 必要以上の人員、設備削減が行われる可能性がある

・すでに広く実施されている治療や検査が
 効果なしの烙印を押されたとき、
 それを糧に生きている製薬、医療機器、病院、医師はどうなるのか?

・・・などなど、

コントロールしすぎて十把一絡げな扱いになれば、
それはそれで医療に対する不満はたまってしまう恐れがあり、
コントロールと自由の塩梅が難しいわけですね。


何はともあれ現状の情報技術水準と物理的な要因では
医療の自由競争は非常に難しい状態です。

それこそ、問診や画像処理、行動情報処理などで
AIがポケットドクターのような役割を果たせるようになるまでは、
入口に家庭医をつける、遠隔医療するなどして、
そこから適切な治療を受ける、専門医を紹介してもらうなど
ステップを踏むのが今のところは合理的といえそうです。


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください